「*霊刀雪姫」はソードで輝く - Game Scout

大太刀


カタナ・ソード兼用迷彩として実装された 「*霊刀雪姫」ですが、
カタナとして使う場合、その長い刀身に賛否両論あるそうです。

pso20140703_190643_000_R.jpg


こちらが大剣(ソード)を迷彩化した際のSS。
いつものように背負うスタイルで刀身が長いので様になりますね。
日本刀には大きく分ける際に長さで分類されますが、これは大太刀と呼ばれる最長クラスの得物。
刀は腰に携行する印象があると思いますが、刀身長が3尺(約90cm)以上のものが〝大太刀”などと呼ばれ、
日本の歴史をみると大剣時と同じく、腰ではなく背負うように携行していたとも云われています。


pso20140703_190708_001_R.jpg


こちらはカタナとして迷彩化された雪姫のSS。
ヒバリの身長がエステ時に195cmと表示されていることを踏まえて、
刀身長を比べると明らかに90cm以上はあることがわかると思います。
刀身が長い…と言われるのも当たり前の最長クラスの刀でした。
私は剣の道に携わっているわけではないので、ボロが出ない程度にしておきましょう。
大太刀は野太刀とも呼ばれ、斬馬刀とも云われるようですが、用途は名の如しということで、
その長さを利用して、馬の足を狙って、つぶす目的で使用されていたとか。

ちなみにこの大太刀クラスの刀を腰に携行するのは一部だったようで、
腰に携行する場合は刀身長の長さから引き抜くだけの行為に熟練の技が必要だった模様。
それで電光石火の居合をするアークスって…。

ハイテンション



次に、刀身を見てみましょう。
こちらはカタナ迷彩時、ハトウリンドウの終盤のモーション。

pso20140703_190926_019_R.jpg


峰があって、鎬があって、刃紋もあって、刃がある。
刀です。どうみても、刀です。
その長さから反りが大きく見えますが、刀なのに反りがなくてどうやって鞘から抜くのさ?!というカタナもあるくらいですから、これだけしっかり刀として形があるのは十二分に満足させてくれる逸品でしょう。


pso20140703_191028_023_R.jpg


そしてこちらが大剣として使用した際の刀身。
光が反射してわかりにくい点もありますが、灰色の刀身に蛍光色のラインがくっきり。
大剣時とカタナ時では刀身の種類が変わります。

【GameWatch】「セガ、PSP「シャイニング・ブレイド」ユキヒメのハイテンションモードを紹介」
 →http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/20120330_522738.html

ユキヒメの説明書こうと思ったら、PSPがバッテリー不足で即起動できなく、
文字で書くとめっちゃ長く、余計な言葉も入ってしまったので、
原作のメディア発信の発売前情報をお借りしました(白目
気になる人はプレイしよう、ね?

つまり、
所有者の行動如何でご機嫌になってハイパワー化したユキヒメがソード迷彩!

真価を発揮しているのは、ソード迷彩!

「*霊刀雪姫」 はソードで輝く!

ユキヒメちゃんかわいいよ!

どれを迷彩したか、でギミックが変わるのは約束されたエクスカリバーでやってのけたSEGA。
約束されたさんは見た目に大きい変化があったものですが、
こちらは刀身のちょっとした部分を原作再現してくれているのが嬉しい。

私の今回のアップデートで一番ほしいものは手に入れた。
迷彩はあまり使わない主義ですが、ソードに関してはゴテゴテしさより、刀形状のモノが好きなので、
紅葉姫のようなソード…もっと出てくれてもいいのよ…?
さぁ、みんなもソード迷彩でユキヒメちゃんをご機嫌にしてさしあげろ!

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。