原点に立ち返ってみよう - Game Scout
pso20140420_195125_001_R.jpg




負けじと二番煎じ



どうしよう、どうしようと悩んでいる間に颯爽と奪われてしまうことがブログ書きとしてよくあることでしょう。
私のような超マイナーな程度の低いブログ書きとそうでない多くのファンを持つブログを一緒くたにすること自体
おこがましい行為であることは重々承知ですが、今回は私も思う点があるので二番煎じとなりますが、
書いておきたい・・・この言葉!!

pso20140420_195125_001_R.jpg


ヤスミ神こと「弐挺拳銃」の松乃雪さんが「はじめまして、PSO2」の一つの区切りについて言及しています。
(「弐挺拳銃」様の記事はこちら

多くのPSO2プレイヤーの原点となっていることが多いのではないでしょうか。
私にとっては間違いなく原点であり、更にはPSO2に対する初期の探究心を掻き立ててくれました。
マルチ恐怖症とまで陥っていた私に少しずつ、興味を向けてくれた記事の数々。
今もポンっと他パーティに入るには少々戸惑いが残っていますが、
それでも数少ない友達は出来ましたし、今が楽しいのは揺るぎなく・・・万事「はじぷそ2」のおかげ。

人と人、時には己の葛藤がドラマとなっているモノを読み、それが原動力となって
川の流れに沿って歩いてきた私ですが、
今となっては「はじめまして、PSO2」著者のふらさんをLvでは(多分)超えているでしょう。
ですが彼女には彼女のスタイルがあり、Lvではない楽しみを見せてくれました。
アークスとして、ゲームを楽しむ者として、彼女には到底及ばないのが私の現状。

私は今、何をやってもハンパになったハンパ者。
広く浅く、終わったときに残っているのは長い巻物でとっておきに薄い紙・・・といったところでしょうか。
とても分厚い、一大スペクタクル巨編には成り得ない。成り得ない・・・のか?
結局目指すところが違うので、比べようもないものですが
初心に帰り、原点に立ち返り、やりたいことを素直な気持ちで書いてみることは今からでも遅くないのかも。

今回、「はじめまして、PSO2」の電子書籍化に伴い、改めて初期の記事を読んでみて思ったことは
やっぱり楽しそう、というなんの捻りも無い純粋な想いでした。
読み手も楽しいことは簡単に出来ることではありませんが、書き手が楽しいということは出来る。
PSO2に対する心持も、ブログに対する心持も正される。貴方が神k


着地点


彼女は彼女なりの素晴らしい着地点に収まりました。

私のこの話もそろそろ着地点を見つけなきゃいけませんね(遠い目
これを書くことを機に、今一度自身のPSO2カテゴリを最初から読み直してみました。
ブレッブレなことは変わりないことですが、今とは違った一面をおさらいできて新鮮。
書いた当時の気持ちなんぞ到底思い出せないわけですが、
今ほど見えないナニカと戦って書いているわけじゃなさそうです。
見えないナニカが何なのか。私でわからないのだからきっと貴方もわからない(殴ってやろうか

きっと多分・・・アレ・・・だ!アレ!


そう都合良く見つかるはずもない解法(やっぱ殴ろう
私が “楽しい” ブログ書きとは何か。
この暗中模索は復帰してからずっと続いているのですが、
思いつくままに、色褪せない内に書いていくのがいいんじゃないかな?と疑問符で締めくくりましょう。
何事もやってみなけりゃわからんのだッ!! がむしゃらに楽しんだ先に何があるのか。
・・・考えるな、感じろ。Don't think, feel!!
あー。なんて便利な言葉。



私の着地点は想像もできないほど遠く、ぼんやりしたモノだと思いますが、
原点を見つめ直す、とてもいい機会に恵まれました。

さぁ新人アークスも貴方も、これから始める貴方達も、色々現実を知る前に
一緒に「はじめまして、PSO2」を読んでみませんか。(荒んだアークスの心にも一滴の中和剤として



「はじめまして、PSO2」 電子書籍化 上巻配信開始ですってよーーー!
http://blog.livedoor.jp/hajipso2/archives/37639504.html

なんとかここまで形にできて良かった・・・。
久しぶりに真面目に書くと恥ずかしい・・・。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。