Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修行者と見学者

pso20140402_214514_005_R.jpg




こーいう苦労も楽しいのです


その日、彼女が放ったこの言葉は間違いなく、私の心に響いた。

チームメンバーの愉快な子はTe/Fiを目指すという目標を立てていた。
メジャーとは言い難い、けれど一つの組み合わせとしては確立されているメインテクター/サブファイター。
テクニックと殴りの融合であるTeFiは近接職をずっと遊んできた彼女には合っているように思える。

のだが、私が日課の各SHの70体討伐オーダーをこなしている最中に彼女はやってきた。
経験値と実戦練習を兼ねて一緒に坑道を回る。いつも通りの火力は出さずに私はワンテンポ遅れて攻撃を繰り出す。
そこにテクターの先輩、この日は先生として彼女のフレンドがパーティに参加してきた。
私は初対面だが、なかなかにユニークな彼は彼女に手ほどきをしながら私を口説くという多才ぶりを発揮。

こうして、修行者と先生と見学者3名は1沸きごとに止まっては相談しながらの坑道ツアーを開始した。

pso20140402_211915_002_R.jpg

テクファー(勝手に略す)が初日の彼女は中々に苦戦。
先生はお手本としてキレイにギアを溜めて集めて殴る。一連の動作に合間がなく、本当にキレイ。
流れる動作を見ててもよくわからない私はこうボヤく。

「おれは無難にFiHuでいいやw」
「こーいう苦労が楽しいのです」

ハッとした。そりゃあ最初から上手いよりも努力をした結果の “上手い” 方が楽しいわな・・・。
純粋に楽しんでいるその姿に、初心というよりもゲームに対しての心持が正された気分だった。

好きこそ物の上手なれ。
次に遊ぶときには既に上達している・・・かな?
何事も一歩一歩着実に進むものだから、私も置いていかれない程度には頑張らないとな!

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。