Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『真・三國無双7』 買ってきました!

entry_img_757.jpg
『真・三國無双7』 買ってきました!



書きたいがプレイしたい気持ちを抑えられない!!
ので・・・明日にでも更新予定。ストーリーモードから開始して「晋」プレイ中ですよっと。

仲いいな、晋戦隊
hibari20130228-205450.jpg



それじゃ、『晋』ストーリークリアしたので更新します!
晋の場合、始まりが五丈原なのでやはり4勢力の“最後”にプレイするのがわかりやすいかな~と思います。基本的に無双6から続く「司馬一族至上主義」は変わりませんが、今回は少し丸くなったかな?刺々しさはなくなった分、昭・師が活躍するのでより『晋』らしいストーリーでした。

hibari20130302-215914_R.jpg


新キャラクターの張春華が司馬一族の裏の権力者なので、見たことの無い司馬懿の演技はとても良かった。晋ストーリーで唯一笑える時間でしたね~春華殿はお綺麗ですし・・・40歳超えてますが、全然イケますよ(´∀`)


賈充は思ってたよりダークサイドに堕ちてなく、司馬昭を深く思っているだけで「悪いな~黒いな~」と感じることはあまりありませんでした。有名な寿春の戦いでの書簡のやり取りもありますが、ソフトに触れているだけでハメたという雰囲気があまり出なかったのが残念。個人的に賈充に抱いていた印象よりは全然ライトな賈充でした。良き昭の友という点では好印象ですし、諸葛誕へ嫌味を言うのもクスリときます。賈充のおかげで『晋』のストーリーが締まった感じ。

hibari20130301-210032_R.jpg


残念なのは文鴦。敵として出てくる場面では活躍の場があるし、重要な戦いではしっかり役割を持っていても、操作する側で登場するのが少し遅い上に数が少ない・・・ifルートがメイン。でもキャラは爽やかな趙雲!ifルートに入ると兜を常にはずした状態になるのですが、無個性イケメンなので兜アリの方が映えます(笑)

hibari20130301-221947_R.jpg



戦闘はより爽快感重視に!でも・・・


hibari20130301-230419_R.jpg

ストーリーモードは1勢力が結構なボリューム。大体if展開を含めないで5時間くらい(話を飛ばさずに)。
その大半が戦闘に費やされていますが、前作のような開始→総大将突撃で終わるような一本道はほとんどない。その分、ギミックや増援が多く用意されている。目的地までの道は扉が閉まっていることが多く、しっかり攻略しないとどうやっても開かないので1ステージの時間は大幅に伸びていますね~。

戦闘は爽快そのもの。
三すくみの優勢時に発動する“ストームラッシュ”が無双乱舞並の威力で敵武将撃破のテンポが良い。しかし任意発動では無く、たまにオーバーキルしていても演出がキャンセルできないのでテンポを悪くしてしまうことも・・・急いでいる時だと特に。

劣勢時の“ヴァリアブルカウンター”はそもそも発動機会に恵まれない。優勢時が圧倒的に強く、武器を二本装備して二つの相性を持てば「劣勢は回避できる」ので好き好んで劣勢になる必要があまりない。ただ、スキル覚醒の条件で「相性が劣勢で撃破」・「ヴァリアブルカウンターで撃破」があるので狙って使う場面はあります。
使用場面もガードで待つより、ガシガシ攻めてチャージ攻撃を使ってくれるのを待つ方が難易度に左右されますが、早い。普通程度ならガシガシ攻めないとテンポ悪いです。

L2長押しの“自動馬乗り”は無双好きなら感動できます(笑) ただ馬に乗っただけで「かっけえええ」!救援しに行くときなら妙にドラマティックに妄想できますし!! 「待ってろよ!」と言いながら馬乗りは中二心をくすぐります(笑)

覚醒無双で出した竹簡が自動収拾ではなかったり(OROCHI2でできたのに!)、火計演出・2Pプレイでの処理落ちがひどかったり(いつも通りの無双です)、敵が壁をすり抜けてクリア不可能に陥ったり(1回ありました)、少々目に付く点は残ってますが、それでも・・・それを含めても面白れぇよおおおお!



ifルートフラグを探す楽しみ


hibari20130302-233537_R.jpg


無双6猛将伝の蜀五丈原究極武器獲得くらい工夫をしなきゃいけないifルートフラグがちらほらあり、マップを攻略する楽しみがかなり増しています。戦国無双2の第四武器取得や真・三國無双4のユニーク取得が楽しめた人は間違いなくハマれる!無双でもこの手の工夫を求められる作業が大好き(゚∀゚)


シナリオは可も無く不可も無く。ifルートで『晋』の場合はもっとぶっ飛んだ展開があっても良かったとは思いますが・・・諸葛誕の小物感が和らいでいたり、昭もしっかりしていたりで悪くない展開。
ストーリーモードでこんなに遊べるのは久々だ!選択できるキャラが偏ってますが、一応全員使えるようになるので新しい武器を使っているだけで飽きが来ない。武器被りなくなったのは本当に良かった。王元姫の鏢だけは扱いに工夫が必要ですが、『晋』キャラの武器はどれも癖があっても使いやすかったですね。お気に入りは諸葛誕の短鉄鞭と夏侯覇の破城槍。諸葛誕は6の時、あまり印象残らなかったのにおれの中で大躍進したわぁ(笑)

hibari20130302-233634_R.jpg


さぁ、次はどこをプレイしようかな~!銀屏ちゃんに会いたいな(´∀`)

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。