Game Scout

ARTICLE PAGE

週刊気になる新作+ゲーム情報 25

entry_img_729.jpg2013年2月4日~9日

海外タイトル多めの
気になるゲーム新作+ゲーム情報



とうとう『ドラゴンクエストⅦ』が発売しましたね。リメイクとは言え当時の人気を知っているので遊びやすくなったDQ7は触ってみたい気もしますが、プレイ予定が詰まっているので断念。DQ8までは必ずプレイしていましたが、それ以降は買ってもいないのでナンバリングを久々に遊びたいですねぇ。いつか…

▽今週別記事で書いたニュースはコチラ▽
『英雄伝説 閃の軌跡』 公式サイトオープン

『アサシンクリードⅢ』シングルプレイDLC「ワシントン王の圧政-悪名」を2月19日配信予定!そしてお待ちかねのタイトルがスペシャルエディション化!!

『セブンスドラゴン2020-Ⅱ』 サムライのクラスムービー公開&声優色紙が当たるTwitterキャンペーン開始

それでは今週もいってみましょー!




2月4日 月曜日


モノリスソフトのFacebook求人広告が話題に


【情報元】:Game*Spark

mono_fb.jpg


モノリス取締役の本根康之氏が書いたイラストがFacebookのスタッフ募集広告に使われて話題に。
本根氏と言えば、スクウェア時代に様々な名作のアートディレクションをし、ゼノシリーズ・バテンカイトスシリーズに深く関わっている人物。次作のコンセプトアートだの書かれていますが、この記事のコメント欄にもあるように「深読みしすぎ」というのが多くの人の反応だと思いますね。でも…期待しちゃいますよねぇ(笑)

事業拡大はとても良いニュースです。モノリスは回転率が早い方ではないのでどんどん出る分にはバッチコイ。



注目作『The Last of US』が思ったより怖い


【情報元】:GAME Watch



Naughty Dogの最新作で注目作『The Last of US』のプレビューが公開された。
とある菌類による侵略で世界が崩壊。その20年後を描いた本作は40歳のジョエルが14歳のエリーの願いを聞き入れて、安全地帯から危険な外へ旅立つプロローグ。もやしもn…(;・∀・)

感染者(菌に乗っ取られた)というゾンビのような存在を倒しながら先に進むようだが、バイオのように真っ向からドンパチではなく、サバイバルホラーのサイレンに近い印象を受ける。思ったより感染者の動きが気持ち悪くて、感染者の中には即死させられる異形種もいるようだ。ランナーとかクリッカーとか怖いよ…



『TOMB RAIDER』発売日が決定


【公式サイト】:http://www.tombraider.jp/



「トゥームレイダー」シリーズの主人公ララ・クラフトの最初の冒険を描いた『TOMB RAIDER』の発売日が2013年4月25日に決定!決定…けって…また4月25日かよ!!

前からプレイしたくて情報を追っていたので、これは買うしかないなー。最近のアイドス作品は本当にハズレがないので、これも間違いなく楽しませてくれるでしょう。「トゥームレイダー」シリーズは映画でしか見たことがないので本家のゲームを存分に体感したいですね。

それにしても4月…




2月5日 火曜日

「ラストストーリー」以降、沈黙を続けてきたミストウォーカー


【情報元】:Game*Spark

mist.jpg


またもやイラスト掲載からの憶測ですが(笑) Wiiで発売されている「ラストストーリー」以降、スマホゲーのリリースしかない状況だったミストウォーカー。先日公式サイトのTOP絵が更新されて、幻想的でどこか「ラストストーリー」を思わせるイラストが出てきました。これも深読みの類いでしょうが…期待してしまいますねぇ!

最近坂口さん見てないな。




2月6日 水曜日

シリーズ最新作『The Witcher 3: Wild Hunt』を正式発表


【情報元】:4gamer.net

wit3_f.jpg


CD Projekt REDは「The Witcher」シリーズ最終章にあたる『The Witcher 3: Wild Hunt』を正式発表。発売時期は2014年内を予定し、PCの他に“ハイエンドプラットフォーム”での販売を予定している。以前まではPC/XB360のプラットフォームでの販売だったのでその“ハイエンドプラットフォーム”の中でもXbox系統は確実でしょう。

オープンワールドタイプに進化し、端から端まで馬で直線移動しても30~40分かかるくらいの規模。でかい、これはでかい。ただでかけりゃ良いってものではないが、主人公ゲラルドが良いキャラでその周りにも魅力的なキャラが多いだけに様々なイベントがいっぱい詰まったマップであることは間違いなさそう。


『真・三國無双7』タイアップ企画を発表


【情報元】:4gamer.net

7up_smusou.jpg


前者のエクポはよくわからないが、後者のサントリー「7UP」は良く知っているぞ!

『真・三國無双7』の発売日2 月28 日(木)より、「7UP」オリジナルデザインの「趙雲」のコスチュームを無料で配信いたします。
『真・三國無双』シリーズイチ爽やかな“趙雲”と、爽快な炭酸の刺激とすっきりとした味わいが特長の炭酸飲料「7UP」をイメージした最強コラボによりかつてない爽やかな衣装が誕生!


蜀カラーにあったタイアップ。無料配信コスが出るだけで十分な企画だ!
緑ときたら…魏はペプシ、アセロラで呉となっちゃんで他、Gokuriで晋か!!
7UPじゃなくてマウンテンデューが良かったなー。




2月7日 木曜日

『真・三國無双7』武器に付く属性は“ランダム付加”であることは判明!


【公式サイト】:http://www.gamecity.ne.jp/smusou7/

smusou_7_weapon.jpg


公式サイトで武器に関する情報がUPされました。
武器強化には2つ種類があるようで、強化したい武器と同じタイプの武器を消費して強化する【強化鍛錬】と異なる3つの種類の武器を使用して2つの武器を生み出す【交換鍛錬】。どちらも武器本来の攻撃力と属性を強化できる代物。

武器は買うことや戦場で拾うことで獲得しますが、拾う際に付属される属性はランダム。
強化で属性を好きなように付け替えできることは望み薄ですが、固定属性でないだけでかなり長時間武器掘りできるようになった?良い具合にユーザーが望む形になってきている気がします!

私は嬉しいが、他の無双好きなユーザーさんはどう思うのかな。


コーエーテクモがハンティングアクションに挑む!


【情報元】:ファミ通.com
【公式サイト】:http://www.gamecity.ne.jp/toukiden/

touki_fa.jpg


コーエーテクモが無双アクションからハンティングアクションに挑む『討鬼伝』のスクリーンショットや世界背景を公開。プロデューサーの小笠原賢一氏は「真・三國無双 マルチレイド」シリーズに関わっているのでハンティングアクションの面でもノウハウはあるだろう。完成されたハンティングアクションの土俵に新しい風を吹かせることができるか。鬼を相手に武士操作でのマルチプレイ、クロスプレイに注目したい。


セガが謎のティザーサイトをオープン


【ティザーサイト】:http://sega.jp/20130212/

sega_2_12.jpg


残念なことに既に海外で特定されたようです。
NEXONが運営する韓国のMMORPG「カオスオンライン」でセガが出願していた商標登録にも「カオスヒーローズオンライン」とあるので・・・ついでに「カオスオンライン」のTOP画像が今回のティザーサイトに流れている画像と同一なことは私も確認しました。
ちょっとEoE続編ファンタジー風を期待した私がバカだったようだ。

●韓国の「カオスオンライン」公式サイトです。
※海外サイト注意http://co.nexon.com/Index.aspx




2月8日 金曜日

風ノ旅ビト』のデベロッパーthatgamecompanyが倒産していた


【情報元】:Game*Spark

kazeno_01.jpg


今現在も数々の賞を獲得し続けている『風ノ旅ビト』。D.I.C.E.サミット2013で開発会社設立メンバーの一人がステージ上で倒産話を暴露。『風ノ旅ビト』はおよそ2~3時間程度の平均ゲームプレイ時間で終わる短いゲームですが、開発には3年かかっており、3年目には無給のスタッフもいる程に切迫していたようですね。

この会社のメンバーは今どこにいるのか。ソニーが丸ごと買い取っても良いような有能な会社だとは思いますが、これからも斬新なゲームの形を魅せつけて欲しいですね。





以上です。

Comments 0

Leave a reply