Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アサシンクリードⅢ』 プレイ日記07~独りだけどマルチプレイ

entry_img_699.jpg『アサシンクリードⅢ』 プレイ日記07

今まで避けてきたアサクリシリーズのマルチプレイ
案外親切設計でしっかり遊べるウルフパックモード





独りだけどマルチプレイ


Ⅱ以降の作品に搭載されたマルチプレイモード。今までは“マルチプレイ”というだけで触らずに避けて通ってきた道でしたが、嫌い嫌いとただ言ってるだけはそのゲームの1から10を語る資格がないと思いプレイしました。

entry_img_699.jpg


最初にマルチプレイのチュートリアルを行い、ユーザーインターフェース(UI)面の仕様説明や攻撃と防御についてをお勉強。シングルプレイとはかなり仕様が違いますね。
本編の方はUI周りに不満がありましたが、ホームメニューを含めてマルチのUIはシンプルな作りで操作しやすい。
他タイトルのマルチプレイはどうだったかわかりませんが、「Ⅲ」に関してはすんなり入ることができました。


オンラインに繋ぐ必要はありますが、今作は「ウルフパック(招待限定)」というソロでもCPU相手にプレイできますよ、というぼっち救済処置があります。本当に助かる・・・これが無かったらきっと挫けてますw

ウルフパックの内容は指定されたターゲットを制限時間内に倒していく。ただそれだけです!
シークエンスを進むためには一定のポイントが必要になり、高得点を狙って暗殺していくので本編よりアサシンしてますw ラストのシークエンス25まで到達するとウルフパッククリアになります。

ウルフパックのマップは7箇所で、特徴的なマップばかりで飽き辛いですし、何よりシークエンス25到達には敵配置を覚えたり、マップを覚えたりで繰り返しプレイさせる“リプレイ性”が非常に高い!
一人でこのくらい面白いならフレンドとならもっと面白いでしょうね!


侮ってましたが、毎回このクオリティのソロ専用マルチプレイを用意してくれるなら喜んで遊びます(゚∀゚)
いい加減、私も空気フレばかりではなく一緒に遊べるようなフレンドを作らなくちゃな・・・(;・∀・)


マルチプレイのトロフィー関連



ac320121223-142410_R.jpg


ハンター/キラー特別仕様は特に難しいものではありません。
勝利チームはソロでは不可能なので、仕方なしにマルチプレイを何戦かし勝利チーム側にいる必要があります。
マンハントで私は解除しましたが、案外面白かったですw 防衛側の隠れる最長表彰ももらいましたよ!
該当するチーム戦は「マンハント・ドミネーション・キャッチザフラッグ」です。


アブスターゴ・エンターテイメント真実は暴かれるは同時進行をオススメします。
レベル20に到達するまでは早くても3~5時間程度必要。何度もウルフパックをプレイするのでその際[マルチキル達成25回]&[エア・アサシン達成20回]を意識すると時間短縮に繋がります。
マルチキルは一人目を倒した後の3秒以内に次の敵を倒す必要があります。難しい場合はレベル22で追加されるアビリティ「煙幕」を使うと容易に達成可能。


ac320121223-141123_R.jpgアビリティなしのマルチキルの方法は攻略Wiki等に書いてあるやり方で出来ます。ウルフパックシークエンス25到達で4~5回くらいはチャンスがあると思います。 エア・アサシンは故意に狙えば10分程度で達成なのでマルチキルを中心に考えるといいかもしれません。


ac320121222-203201_R.jpg  ac320121222-203119_R.jpg


シークエンス25に到達した際の獲得経験値は9000前後。一回に1Lvは上がるくらい。
場所はニューヨーク醸造所が敵の視界を遮り易く、ギリギリまで走って近寄れるので私は楽でした。
容易にエア・アサシンやグラブも狙えて制限時間に余裕を持てるのも良い点。


マルチプレイのトロフィー収集でかかった時間は5時間。
これで食わず嫌いは克服か・・・?w



Ⅱ以来のアサクリシリーズプラチナキタ――(゚∀゚)――!!
ac320121223-142337_R.jpg

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。