Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『アサシンクリードⅢ』 プレイ日記01~舞台がアメリカに、さすがのアサクリを堪能中

ac320121120-193238_R.jpg 『アサシンクリードⅢ』プレイ日記01

 UI周りが不親切だが、されどアサクリ
 ワクワクがハンパない



TOX2は作業プレイに入ったので、飽きがハンパないっすw
息抜きで始めたアサシンクリードⅢ(以下ACⅢ)が面白い!

ac320121120-193238_R.jpg

背景グラフィックはもう芸術の域だと思います。芸の細かさはUBIのお家芸ですなぁ。エクシリア2の後ということもあって、街中の鳥などが近づくと飛び立つのを見るだけで「やっぱこのくらいはしてくれないと」と感じちゃいますね~

Ⅰで伝説の、Ⅱで最強のアサシンを操作しⅢはアメリカ独立を支えたアサシンとボリュームダウンした感がありますが、全体のUI・操作関連を一新し、とうとう自然物へのフリーランが可能に、未開のフロンティアでの狩りと、確実に進化していますね!


冒頭からシークエンス3までは主人公コナーの父、「ヘイザム」を操作しアメリカにおけるテンプル騎士団の地位確立までを体験し、シークエンス4から主人公コナーが見習いアサシンから成長する姿を体験する形ですが

tox220121120-193158_R.jpg ac320121122-213228_R.jpg

ヘイザムはそこそこダンディなのに・・・コナーときたら・・・いいからフードを常時被ってくれよ。
そもそも洋ゲーはキャラデザインが不細工が多いのだから主人公くらい救ってやれないのだろうか?


ac320121122-210746_R.jpg

でもアサシンローブはⅢが一番かっこいいと思います!
なるほど、ここで中和しているわけだな。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。