Game Scout

ARTICLE PAGE

『那由多の軌跡』 プレイ日記07~大団円!

acbh20120806-212951.jpg 『那由多の軌跡』 プレイ日記07


 終わりよければ全てよし


昨夜の体操内村選手の言葉じゃないですが、「終わりよければ全てよし」
那由多も例外では無かったですよ。序盤~中盤は平々凡々とした展開に多少目を瞑っても苦しい部分がありました。
終盤で大盤振る舞いの伏線回収をし、後日譚という最終章では・・・
これぞ大団円!

acbh20120806-212951.jpg

「どうせ、みんなのその後をちょっちょと会話して終わり程度」と決めてかかったら
なんのなんの!見事に、綺麗に締めてくれちゃってまぁ・・!
最後の展開だけは認めざるを得ない。「完結する」ということはこんなにもサッパリするものなんですね!

昨今、シリーズ化を意識した作りだとどうしても伏線を残したままだったり
シナリオもこれで終わり?というエンディングが多いイメージですが、
那由多の良い点は「超が付く王道を最後まで突き通した」というこの一点に尽きます。


途中までナユタの悲劇のヒーローっぷりは貫禄すら覚えましたが、ハッピーエンドってやっぱ良い。
古典的な展開も清々しく、悪くねぇな!と思えましたね。


acbh20120806-213118.jpg

今回ふと思ったのは、所々CGムービーを使ってましたがファルコムってCG使ってたっけ?
まだその手の技は完成していないのか、あまり綺麗な仕上がりではないですがw


acbh20120806-213643.jpg

クリアタイムは42時間ですが、例に漏れずの絶賛放置しましたので実働30時間程度です。
ストーリーは×ボタンで早送り可能ですが、今回は使わずのタイム。
アクションRPGである上にストーリー重視のストーリーARPGを銘打っているので
イベント部分がやや長い所為もあって、30時間中アクション15時間/ストーリー15時間くらいかな。

acbh20120806-213654.jpg
acbh20120806-213715.jpg

さて、2周目の話ですが「引き継ぎ要素」は以上の通りで選択性なので凝ったやり込みも可能。
そして最高難易度「INFINTY」が解放されて、Lv引き継ぎで開始した場合でも
最初から敵がLv50相当のHP/硬さを持っているので本当にやり応えある難易度になっています。
それ以上に敵の攻撃が痛いなんてものじゃなく、雑魚でもゲームオーバーは当たり前に・・・
これをクリアできるのか、おれ。


これからもチマチマと実績全解放を目指してプレイしていく予定です!

Comments 0

Leave a reply