Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週刊気になる新作+ゲーム情報 6

DD_logo01.jpg 5/14~19
 ●PS3/Xbox360「Dragon's Dogma」 海外レビュー
 ●DS「ポケットモンスター ブラック2/ホワイト2」 紹介スペシャルムービー公開
 ●「龍が如くシリーズ」 5/24に新作発表?
 ●PS3/Xbox360「TOMB RAIDER」最新作、発売延期へ
 ●3DS「デビルサマナー ソウルハッカーズ」公式サイトオープン
 その他 新作+気になるゲーム情報




◆PS3/Xbox360「Dragon's Dogma」 海外レビューがGame*Sparkに掲載

DD_demo01_20120519175707.jpg


高評価と低評価が混在し、一概にどちらとも言い難い内容に
実際に気になる人は現在配信中の体験版をプレイするのが一番だと思います。
物理攻撃エフェクトと一撃の重さが感じられない点は私も不満かな。

とうとう発売まで1週間を切り、話題をかっさらうことが出来るのか!





◆DS「ポケットモンスター ブラック2/ホワイト2」 紹介スペシャルムービー公開



ゲームの紹介でわざわざ完全アニメーション紹介ムービーを作っちゃうあたり流石ポケモンでしょうか。
インゲーム映像はありませんが、ストーリーの概要をきちんと声優をあてて4分50秒の中に詰め込んでいます。
ゲームの発売日は6月23日(土)となっています。

▽キャスト

主人公…… 入野 自由
ライバル…… 皆川 純子
チェレン…… 木村 良平
アクロマ…… 諏訪部 順一
カミツレ…… 沢城 みゆき
ベル…… 竹達 彩奈
プラズマ団(女)…… 嶋村 侑
ポケモン…… 古島 清孝
ポケモン…… 佐藤 健輔
ダークトリニティ…… 石田 彰
N…… 神谷 浩史


ご、豪華や・・・w





◆セガ、龍が如くシリーズ総合サイト「龍が如く.com」が工事中?
  5月24日に何らかの発表が!


龍が如く524

サイト全体が工事中をイメージした作りになっていて面白いですね。
随分前から存在が確認されている「~5」の発表なのでしょうか。
歴代シリーズ発売日が12月・2月・3月の冬時期に集中しているので、今発表だとすれば丁度いいかな?





◆PS3/Xbox360「TOMB RAIDER」最新作、発売延期へ国内販売元のスクエニが発表

tomb_01_20120519193503.jpg

■TOMB RAIDER 発売時期変更のお知らせ
(スクウェアエニックス)

欧米で2012年内を予定していた「TOMB RAIDER」の発売時期が2013年Q1(第一四半期)に変更に。
それに伴い、国内販売元のスクウェアエニックスは日本版の発売時期を「2013年予定」に変更しました。
延期理由は「クオリティアップのため」になっています。

トゥームレイダーとしてのリブート(新たに一から仕切り直すこと)作として開発しているそうなので
生まれ変わったララ・クロフトに会えるのはもう少し先になりそうです。





◆3DS「デビルサマナー ソウルハッカーズ」公式サイトオープン

デビルサマナーSH_logo


ファン待望のリメイク作、「デビルサマナー ソウルハッカーズ」の公式サイトがオープンしました。
イントロダクションやキャラクターが公開されています。

SS(セガサターン)版から15年・・・私がプレイしたのはPS版なので13年前になりますか。
私がアトラスを知るキッカケになった作品で思い入れも深いですが、
発売日が8月激戦区の30日ということもあって上手く生き残れるかが心配です。

しかし、当時でも色々と尖っていたものを携帯機として遊べると思うとファンは自然と手が伸びそう。





<その他新作+気になるゲーム情報>

 ◆「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」ダウンロード版の価格が決定 これはかなりお買い得かも……!?(ファミ通.com)

P4G_PClogo_20120519200716.jpg

ダウンロード版の価格が決定し、5,980円(税込)となった。
パッケージ版の価格が7,329円(税込)なので、約1300円安い計算になる。
しかし、Amazonなどの通販サイトでの販売価格が現状で5,990円なので・・・あまり変わらない。
あまり変わらないということは購入者のニーズでどちらを選んでも変わらないと思っていいだろう。

私はペルソナシリーズ(リメイク含め)全パッケージ購入しているので今回もコレクションとしてパッケージ!!




 ◆待ちに待った『The Last of Us』の最新トレイラーが公開!(Game*Spark)


タイトル発表以来の2つ目のムービーが公開されました!
今回はゾンビ相手ではなく、生存者に襲われるという絶望感たっぷりの作りになっています。
「え・・・このあとどう展開するんだ?」と気になる終わり方にしてあるので上手く興味を集めていると思えました。
「アンチャーテッド2」制作スタッフ陣が今作の開発に携わっているので勢いあるタイトルになることを期待しちゃいますね。




 ◆「デジモンワールド リ:デジタイズ」のバトルはリアルタイム制。“デジメモリ”を使えば一撃必殺の召喚技も使用可能(4gamer.net)

 デジモン01

ポケモンもいいけどデジモンもね!
デジモンを第一に考え、共に成長していく主人公に
初代おもちゃ筐体で必死にデジモン育成に励んでいたアノ頃を思い出してしまったw
思い通りにいかないデジモン育成、PS「デジモンワールド」以来久々にデジモンゲーム買ってしまいそうだ。

最近のデジモン知らなくても大丈夫だよね?(;´∀`)



<週刊 思い出補正>

「週刊 思い出補正」とは、幼き頃熱中したゲームタイトルを・・・あの良き時代を振り返ろう。という思いつき企画。

今回選んだゲームソフトはこちら↓

DQ3_first.jpg
『ドラゴンクエストⅢ そして伝説へ・・・』(FC)

1988年(昭和63年)、エニックス(現スクウェアエニックス)より発売されたファミリーコンピュータ用RPG。
リメイクは1996年にSFC、2000年にゲームボーイカラー専用、2009年に携帯アプリ、2011年には25周年記念作としてⅠ・Ⅱ・ⅢがWiiで発売された。

FCで発売された当時のキャッチコピーは「触れたら最後、日本全土がハルマゲドン」。当時ハルマゲドンが流行していた関係なのか?「日本全土が終末戦争」って偉い不謹慎な内容だw
私がプレイした当時はSFC版が発売されていたが、兄弟からのお下がりでFCしか持ってなかったので実際に初めて遊んだのはFC版だった。もちろん初DQでもあるし、記憶の中でRPGに触れたのはこれが初めてだった。

私のRPG好きはおそらくここから始まったのだろう。
過去記事にDQⅢのことを書いているが、改めてこの凄まじい思い出補正を語ってみる。


まず、当時FCで遊んでいたゲームはこれまたお下がりの「アイスクライマー」や「バルーンファイト」、「マリオブラザーズ」、「トランスフォーマー コンボイの謎」などをプレイしていた記憶がある。
コンボイの謎はある意味強烈なイメージだったので今でも覚えているw

そんな中、「DQⅢ」クラスのクオリティが出てくれば誰でも感動しただろう。
幼心にあの「冒険」をしているRPGのワクワク感に魅了されるにはそう時間はかからなかった。
ゲームシステムやストーリーはシンプルで分かりやすく、ダンジョン内で迷うことはあったが解決したときの爽快感にまたハマり、倒せない敵に出会いLv上げに明け暮れる時間もまた意味もなく楽しかったものだ。

ダーマ神殿で出来る転職、「ゆうしゃ」や「けんじゃ」という言葉がカッコイイ!と思い、今でも厨二病を患っているのはこの所為だと思っている。「あそびにん」にムラムラできたあの頃が羨ましいよ自分。

昔のゲームプレイによくある、時間をおいて何周もするリプレイが思い出補正に拍車をかけ
何が楽しかったかわからないが、何周しても飽きないこのゲームは神ゲー!と脳にインプットされてしまった。

思い出補正の大半はそういうものなのだろう・・・
神格化したゲームがあったからこそ、今もゲームが好きなことに悪い気はしない。
いつか・・・いつかこの「~Ⅲ」を超えてくれるドラクエが・・・いつか・・・いつか・・・
と思っている内にもうすぐⅩ。3~6が楽しかったなぁ。

私の中でドラクエ最高傑作は今でも「~Ⅲ」で、それはこれからも覆らない!
異論は認める!


そんな思い出補正(過去も近年も)満載なゲームを今後ネタが尽きるまで毎週どうでもいい感じでお届けします!

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。