『DragonAge Ⅱ』 クリア後感想 - Game Scout
s-dao20120307-195608.jpg 『Dragon Age Ⅱ』 クリア後感想

 爽快感は増し、壮大感は減り、それでも熱中する洋RPG

2012年2月22日に発売した海外アクションRPG、『DragonAgeⅡ』。

前作は長編ファンタジー映画にも匹敵する圧巻のストーリーが展開され、
今作は舞台こそ違えど、同じ世界、同じ歴史を共有する。



●良い点

 ◆前作のモッサリ戦闘から一新!リアルタイム高速戦闘が実現

s-dao20120311-230111_20120509222702.jpg s-sb20120319-191559.jpg

前作のモーション全体がモッサリしていて、スピード感に欠けるものでしたが
今作は近接攻撃系の職でもダッシュ攻撃が追加され、素早い戦闘に変化しました。

それにより全体的な戦闘のテンポが上がり、
このシリーズの魅力でもある戦略的アクションRPGの部分がグッと押し上げられた印象。

戦士系、魔道士系、ローグ系それぞれ個性がある動きに、戦闘中の役割がさらに差別化され
“ハイスピード戦略系アクションRPGとして生まれ変わった”と言っていいでしょう。

MMORPGのようなパーティ戦闘に力を入れた結果、戦闘は完成形へ向かいつつあります。
前作のような、カクつき、ロード時間の長さなども大幅に改善されシステム面の向上が手に取るようにわかるのも良い。




 ◆相変わらずの絶品ロールプレイ

s-dao20120307-204055.jpg s-dao20120312-203543.jpg

今作は前作とは違い、生まれが決まっていて性別の差しかないし
ストーリーは前作ほど、壮大ではない。(これについては後に記述する)

それでも、個性的な仲間と膨大な量のサブクエストに細かな人物・歴史・団体設定は健在。
最近の和製RPGはストーリーばかり独り歩きし、重要なキャラの生い立ちや設定を深く語ろうとしないものが多いが
既に開発が始まっている次回作への布石などを除き、大体の設定は把握できる。

背景を理解すれば、この世界に引き込まれるだろう。
その上で、自分の好きなように主人公の性格を決められるのは大きい。

前作もそうだったように、“プレイヤーが主人公”であることを大前提とした根底は揺るがない。

どんなに悪人プレイをしても、善人プレイをしても結末はあまり変わらないが
それまで歩いた過程はそのプレイヤーだけの真実。




 ◆世界観が素敵

s-dao20120311-100414_20120509225841.jpg s-sb20120325-144852.jpg

全体的に街やダンジョンは暗めの雰囲気。
ダークファンタジー好きにはたまらない世界観があるが、たまに見せる壮大な風景には癒される。

空想上の剣と魔法の世界・・・ドラゴン・・・悪魔・・・地底から侵略してくる諸悪の根源・・・

典型的ファンタジーRPGではあるが、そのどれもが意思が伝わってきそうな生き生きとした存在。




●悪い点

 ◆ちっぽけな人間同士の小競り合いがメインのシナリオ

s-sb20120320-105059.jpg s-dao20120314-202258.jpg

前作が「人類vs世界共通の敵ダークスポーン」だとするならば、
今作は「騎士vs魔道士vsクナリ族」という一目でわかるスケールダウン。

現実の日本の国会を見ているような“正直どうでもいい”という感情に近い。

今回主人公は街の英雄になるまで→街の問題解決という大きく分けて2部構成なのだが、
前半は成り上がっていく主人公にワクワクしたものの、街の英雄というだけで犬猿の仲にある組織に板ばさみにされ
しょうがなしに尻拭いをするという・・・どうしてこうなったのか。

前作をプレイしていない人には「なんかシナリオショボイな・・・」と思われても仕方ない。

壮大な世界観、前作から続く歴史を全て投げ捨てて何がしたかったのか。





●総評

既に開発段階にある次回作「Ⅲ(仮)」の布石に使われたようなシナリオに正直燃えるものがない。

しかし、ハッキリと進化した部分を肌で感じれば自然と次回作への期待も持てる。

スパイクのローカライズの丁寧さ、今作から日本語音声に対応し、とっつきやすくはなっている。
それでもこの「~Ⅱ」に興味のある人はまず、「Origins」から遊んでみることを強くオススメする。

今作は良くも悪くも踏み台になったと思えば良い。

世間的にはやはりストーリーの出来の悪さに酷評も目立つが、私個人は非常に楽しめる内容だった。
スケールこそ小さくなれど、シリーズの圧倒的なクオリティはRPGプレイヤーには遊んでおいて損は無いタイトルだろう。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。