Game Scout

ARTICLE PAGE

週刊気になる新作+ゲーム情報 4

NHPD_002.jpg 2012年 4/22~4/28

 ●PSV「NEXT HATSUNE MIKU Project DIVA(仮称)」発売日決定
 ●Wii「ドラゴンクエストX」発売日決定
 ●PSP「スーパーダンガンロンパ2」発売日決定
 ●「ゴーストリコン フューチャーソルジャー」発売日決定
 ●3DSで蘇る、「デビルサマナー ソウルハッカーズ」発表
  他新作+気になるゲーム情報






●PSVita版 『NEXT HATSUNE MIKU Project DIVA(仮称)』8月30日に発売決定!

NHPD_001_20120429090851.jpg

◇公式サイト
(セガ)

PSV/PS3のマルチプラットフォームで展開する『NEXT HATSUNE MIKU Project DIVA(仮称)』だが、
PSVita版が先行する形で8月30日に発売することが決定した。

さらに4/28・29に開催されている「ニコニコ超会議」ではプレイアブル出展されており、
スクラッチアクションやチャンスタイム分岐がいち早く体験できるようだ。
演奏最中にミスがあると歌が止まったりするなど、変更点が色々ある。
動画よりもやはり実機で見るミクさんがとても綺麗だという噂、楽しみですね!



音ゲーのいい所は気軽に1曲でもプレイできる点であって、他ゲームとの併用してチマチマプレイするだけでも
楽しめる点ですね~今年はずっとチマチマプレイしてそうだw






●Wii『ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン』 8月2日に発売!月額課金制の30日間/1000Wiiポイントでのサービスを提示

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン  DQ10作目はネットワーク対応!

◇公式サイト
(スクウェア・エニックス)

多人数参加型オンラインゲームとシングルプレイの要素を併せ持つ「ドラクエ」最新作、発売日が8月2日に決定した。
オンラインサービスの課金形態は月額課金、30日間/1000Wiiポイントと60日間/1950Wiiポイントと90日間/2900Wiiポイントになり、3キャラクターまで作成可能になる。

通常版の価格は6,980円(税込)とWiiUSBメモリー同梱版が8,980円(税込)となっているが、どちらにも20日間の無料利用券がつくので、最初はパッケージの値段分でオンラインを楽しむことが出来る。






●PSP『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』7月26日に発売日決定。強力な声優陣が今回も!



◇公式サイト
(スパイク・チュンソフト)

2010年に発売された「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生」の続編。
『スーパーダンガンロンパ2 さよなら絶望学園』の発売日が7月26日に決定。
ジャンルは推理アクションゲーム。


高山みなみ、緒方恵美、大山のぶ代、貴家堂子・・・と他では見られない声優の共演。



推理ゲームに高山みなみさんを起用か・・・コナンの印象が強すぎてソレにしか聞こえないがw
前作は評判が良いので私もいつかプレイしたい!






●PS3/Xbox360『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』の発売日が7月5日に決定。リアルサバゲーも開催?

s-Ghost Recon Future Soldier - ゴーストリコン フューチャー ソルジャー  トップページ  Ubisoft

◇公式サイト
(UBIsoft)

アメリカ特殊部隊「ゴースト」の戦いを描く、アクションシューター。
『ゴーストリコン フューチャーソルジャー』が7月5日に発売決定

オンラインモードの協力/対戦も楽しみだが、
2030年のニカラグアを舞台としテロ組織と対峙するストーリーモードも気になる内容になっている。

公式主催のリアルサバイバルゲームの開催も決定。
最近流行り出してるそうで?このような公式主催イベントは見ていても面白いからどんどんやって欲しい。
新宿にサバゲー専用の土地あるんですね・・・w






●3DSで蘇る13年ぶりのリメイク・・・『デビルサマナー ソウルハッカーズ』、8月30日に発売予定。

SOULH_01.jpeg

◇ティザーサイト(アトラス)

1997年セガサターンで発売され、1999年にプレイステーションでリメイクして以来13年ぶり。
多くのファンから望まれた移植が3DSで実現。
『デビルサマナー ソウルハッカーズ』8月30日発売決定!

ティザーサイトではBGMをONすることで各キャラクターが「おかえり」と言ってくれる。ファンには嬉しい演出だ。

今回のリメイクでの変更点は
  ●キャラクターボイスが追加、フルボイス化するがボイスはON/OFF対応
  ●新規オープニングアニメ、制作はサテライトが担当
  ●ロードやエフェクトの時間短縮によるテンポの向上




ストーリーの出来が素晴らしい。ラストは必見ですぞ・・・
しかし、おかえり演出はズルいな!

アトラスDショップのサービス終了など心配が絶えないアトラスだが・・・ここだけは無くなって欲しくない会社だ。






<その他のゲーム情報>

 ●プロジェクトクロスゾーンにEoE参戦!!リーンベルたん!

 20120427_1063137.jpg

公式サイトにはまだ掲載されていない新規キャラがファミ通.comと公式ブログに掲載されました。
「デッドライジング」や「ヴァンパイア」から参戦に加え、セガから「エンドオブエタニティ」のゼファー&リーンベルコンビが!

お祭りゲーの内容ですが、やはり大好きなタイトルから参戦があるとなると・・・買わないわけにはいかなくなりますな。
おっしゃー!リーンベルたん最強にしてやるわあああああああああ!

「無限のフロンティア」に欠かせない“乳揺れ”だが、リーンベルたんには無いんだぜ、根本的な問題で(´・ω・`)






 ●任天堂、デジタルビジネス拡大へ・・・DL販売開始を宣言するが通常の販売形式とは異なる

35l.jpg
◇決算説明会(任天堂)

任天堂でもついにダウンロード(DL)販売を開始することを宣言しました。
DL販売の最初のソフトは8月に発売が予定されている『Newスーパーマリオブラザーズ2』。

4/25に配信された本体更新でもパッチに対応するなど、デジタルコンテンツ拡大が見て取れますが、
今回のDL販売はSCEが行っているDL販売とは異なるようです。

 ●DLタイトルだが、客は店頭で購入し、16桁の引き換え番号が記載されたカードのコードを入力しSDカードにDL
 ●パッケージとDLの希望小売価格は基本同額に設定
 ●小売店がDLタイトルの価格を決められるため、値引き可能に

面白い形式ですね。
店頭まで行かないで購入可能&売り切れが無いのがDL販売のメリットだとは思いますが・・・
店頭に行くならコレクションとして私はパッケージ買うかな。

WiiUは発売初期からDLとパッケージの併売をするようです。






『ブレイブリーデフォルト』体験版vol.2をプレイしたユーザーからの要望に対応。体験版から変わった点は?

img_no1.jpg

◇開発部からの返信(スクウェア・エニックス)

プロデューサー浅野氏から体験版vol.2に寄せられた要望を製品版へ対応する項目が挙げられました

<製品版で確実に対応を行うもの>
○歩く速度が遅い
○loading画面が気になる
○バトルでの向き合いが近い
○NPCへの話しかけが近い
○走り速度とスライドパッドの深度
○Aボタンでのテキスト一気表示
○バトル中、HP、MPバーの方向
○宿屋処理が遅い
○マップチェンジ毎のカメラ引き
○バトルリザルト処理が遅い

<課題が残されているが対応したいと考えているもの>
○テキスト吹き出しがキャラとかぶる
○マップに対してできることが少ない
○メニュー左手で開きたい
○ショップで3D表示がオフになる
○3DS本体のゲームコインが使いたい

※赤字は私も気になった点


FF零式でも行われましたが、ユーザーに体験版をプレイしてもらい要望を募る、所謂オープンβテスト。
私はこういう《製品版に勝負をかけている》という意気込みが伝わるのは嫌いじゃない。

シンプルすぎた体験版ですが、原点回帰に近い出来だったのでむしろ好きなくらいの出来でした。
次回の体験版は5月上旬を予定。とうとうジョブ関連くるかな?!

Comments 0

Leave a reply