Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

期待薄だった【PSP】「シャイニング・ブレイド」が面白そうに感じる出来事

SB_logo2.jpg 「シャイニング・ブレイド」

 公式Twitterの発言が興味深い

 RPGとしてしっかりしているのかという疑問を解決?



◆シャイニング・ブレイド 公式サイト

◆公式Twitter

2012年3月15日。PSPで今週発売となる「シャイニング」シリーズ最新作。
過去シリーズからもキャラクターが参戦し、総勢20名以上が仲間となり、5人1組のパーティで「歌姫(ローレライ)」と「霊刃使い(ソウルブレイダー)」という特殊能力を持つ仲間を効率的に使い、「戦場のヴァルキュリア」で登場するBLiTZシステムを基準とし、RPG用にアクティブ&コマンドバトルとして改良した戦闘システムでブレイドの世界を駆け抜ける!!


さて、問題の面白そうな要素をガンガン挙げていこう。

▽公式Twitterの発言を抜粋

 ●このゲームのプレイ時間はメインシナリオを進めるだけで30時間程度キャラクターごとのサブシナリオやクエスト屋のミッション、町人から直接依頼されるミッション、クリア後のやりこみ要素などなど含めると70時間程度のボリュームです。

 ●実際にはメインシナリオ以外を無視して進める人は少ないと思いますよ。サブシナリオの進行によって、パーソナリティの変化や追加&削除、そして歌の追加&歌の能力アップ、レアアイテムの入手がありますから、キャラを深く知る&戦闘での能力アップがシンクロしているのがこの作品の特徴なのですよ~。

 ●サブシナリオはキャラの好感度が高くなると発生します。キャラの好感度は戦闘に参加させているだけでも少しづつアップしますので、好きなキャラを使いまくっていると自然とサブシナリオが発生するバランスにしてありますよ。ふふふぅ~♪

 ●難易度については、簡単すぎず難しすぎずの絶妙のバランスに調整してあります。序盤でこそ初心者に慣れてもらうためにやや緩めのバランスにしてありますが、メンバーが揃ってくる中盤に差し掛かるあたりからグイッとやりごたえも出てくることでしょう。ふふぅ♪

 ●ゲーム全体の構成はお約束ともいえる、スタッフロール後にも色々と用意してあります難易度がピーキーなエクストラダンジョン的なものやクリヤ後のミッションも多数あります。サブシナリオの並行攻略も可能です。特にサクヤとの・・・・おっとネタバレになるのでここまでです~。

 ●シナリオだけを進めていると、レベル的にちょっと苦戦を強いられることがありますが、ストーリーとは関係ない街クエストやフリーミッションをこなしていくとレベルを稼げて適正な難易度バランスになるように制作してあるのですよ。ふふぅ♪

 ●DLコンテンツは全くありません。パスワードによる追加要素はあります。バトルのステータスアップなどの効果を付加するパンと、ケルベロスのモードチェンジのパスワードの配信を公式HPと各種メディアで行っていきます。お楽しみに。

 ●すみません。オート戦闘はありません。今回はゲームシステム的にオート化は無理なのですよ~。ふふぅ♪


ということでですね。案外キャラ重視ゲーかと思いきや・・・
ヴァルキュリアからのシステム流用を考えると戦闘もしっかりしてそう?という印象。

多発してるDLCでの追加シナリオなどに一切頼らないところは◎。

公式発表での平均クリアタイムはあてにならない場合もあるので気にしないですが、長すぎずという感想。
やり込み要素でプレイタイムが2倍以上になることからやりこみメインなのは◎。

サクッと一周ということにはならなさそうな難易度というのも気になりますね~

キャラのイチャイチャを楽しむゲームかと思っていたので、これは思わぬ伏兵になりそうな予感です!!

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。