Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バイオハザード6」 2012年11月22日に発売を緊急発表

s-002b.jpg BIOHAZARD 6

 発表と共に発売日も公開!



◆BIOHAZARD 6(バイオハザード6)
公式サイト⇒http://www.capcom.co.jp/bio6/

s-002b.jpg

参照:4gamer.net⇒http://www.4gamer.net/games/146/G014639/20120120001/

PS3/Xbox360タイトルとしてカプコンは本日サバイバルホラーの金字塔「バイオハザード」シリーズの最新作となるナンバリング、6を発表。 更に2012年11月22日に発売すると公表した。いい夫婦の日にゾンビと戯れよう。

価格は7,990円(税込)。PC版の発売も発表されたが、こちらは発売日未定になっている。





Game*Spark の方にはディテールも掲載されています。

■PS3/Xbox 360版の日本国内発売日は2012年11月22日、北米/欧州発売日は11月20日、PC版の発売日は未定。

■ジャンルはアクションとサバイバルホラーの融合。

■ラクーンシティの事件から10年後。米大統領は現在復活傾向にあるバイオテロ活動を抑止できる信念の背後にある真実を明らかにする決断をした。

■大統領の側にはラクーンシティの生存者であり彼の個人的な友人でもあるレオン・S・ケネディがいた。

■しかしバイオテロリストの攻撃を受けたことで大統領は原形をとどめないほどに変貌を遂げ、レオンはかつてないほど厳しい決断を迫られる。

■レオンはトールオークスという名のラクーンシティのように感染が進行した小さな町を調査することになる。

■時を同じくしてBioterrorism Security Assessment Allianceの隊員であるクリス・レッドフィールドは中国でバイオテロ攻撃の脅威にさらされていた。

■それらの攻撃や新たな大規模感染に対して安全な国は存在せず、全人類は「もう希望は残されていない(There is No Hope Left)」という恐怖で一体化した。

■バイオハザードシリーズで初めて、レオンとクリスが協力して空前の脅威に立ち向かう。各々が異なる視点と関わりを持った新たなキャラクター達も加わり、世界規模の苛酷なドラマティックホラー体験が展開する。

■「バイオハザード6はシリーズの進化において急速な成長を実現する」とカプコン開発統括トップの一井克彦氏はコメント。

■今作の開発チームはエグゼクティブプロデューサーの小林裕幸氏が指揮。表現力と製品価値の両方でシリーズ中最も印象的な作品を届けようと休むことなく取り組んでいる。

■VentureBeat報道によると、今作の開発は過去のシリーズと同じく日本のカプコンチームが担当。

■「チームが目標に掲げたのは、共通したテーマのホラーに対して、心をとらえるストーリーラインや緊張感あるシングルプレイ/Co-opアクションを用意した体験を作り上げることだった。」と小林裕幸氏。

■チームはその融合を“ドラマティックホラー”と呼び、既存のシリーズファンと新規プレイヤーの両方が共鳴できるものになると確信している。

■レオンとクリスはプレイアブルで、二人にはまだ名前の明かされていないパートナーがそれぞれ存在する。

■二人のストーリーは全く別のところで進行し最終的に何らかの形で交錯する。

■新キャラクターをフィーチャーした第三のストーリーも存在。

■IGNが入手した情報によると、今作ではエイダ・ウォンがプレイアブルで登場するが、すぐにではなく、クリスやレオンのストーリーをクリアした後にプレイ可能になる。

■3つのメインストーリーはゲーム序盤でプレイヤーが好きなものを選ぶことが可能で、別のストーリーをはじめる前に通してクリアすることができる。

■噂された中国をはじめ世界中が舞台として登場。



1stトレーラーはストーリーメインの魅せ方をしていますが、シングルでのCoopを意識させるとありますが、オン/オフラインマルチプレイに関してもなんだらかの動きがあるのは間違いないでしょう。 

いや~緊急発表で発売日までも発表しちゃうあたり、意気込みが伝わってきますね。
原点に戻りつつある傾向は評価したいです!
最近のバイオはホラー感が薄れてきてますから是非ともビビる一作を期待しましょう。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。