1年の終わりに・・・2011年気になるゲーム表彰式 - Game Scout
気になるゲーム表彰式―2011
2011-12-30 20.02.00

今年も画面に入りきらない程のゲームを購入し全てクリアとは行きませんでしたが、数多くの記憶に残るゲームがありました。そこで個人的にプレイ済みのゲームから部門別に表彰していきたいと思います!

まずは今年購入したゲーム一覧

▽PS3
Dragon Age:Origins
戦国無双3 Z
キャサリン
ルーンファクトリー オーシャンズ
真・三國無双6
BLEACH ソウル・イグニッション
マスエフェクト 2 ボーナスコンテンツ コレクション
メルルのアトリエ ~アーランドの錬金術士3~
inFAMOUS 2
ノーモア★ヒーローズ レッドゾーン エディション
テイルズ オブ エクシリア
ICO/ワンダと巨像 Limited Box
真・三國無双6 猛将伝
エースコンバット アサルト・ホライゾン
アンチャーテッド - 砂漠に眠るアトランティス
二ノ国 白き聖灰の女王
ファイナルファンタジー XIII-2
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3 (吹き替え版)
無双OROCHI 2



▽PSP
戦場のヴァルキュリア3 DL
SDガンダム ジージェネレーション ワールド
ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション DL
第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇
ペルソナ2 罪
最後の約束の物語
グングニル -魔槍の軍神と英雄戦争-
ブラック★ロックシューター THE GAME
グランナイツヒストリー
英雄伝説 碧の軌跡
ファイナルファンタジー零式 DL
セブンスドラゴン2020


▽DS
デビルサバイバー2


▽3DS
テイルズオブジアビス
Gジェネレーション3D


▽PSVita
アンチャーテッド―地図無き冒険の始まり―
ロードオブアポカリプス


以上37本。

圧倒的にPS3の割合が多いしRPG率が・・・(笑)

8割方クリアしたのですが、中には封すら切っていないのもありますし、今年はラッシュ月が多く敢え無く購入検討から漏れた作品が数知れずの年でした。今年買えなかった作品で一番悔いが残っているは「アサシンクリード リベレーション」。間違いなく来年はプレイしたい!!

では各部門に分けて、3作ずつ表彰して行きます!



◆RPG大賞
RPGで始まりRPGで終わるそんな人生をロールプレイ中の私
万人にオススメできる作品を紹介するわけではなく、私的に思うことがある
RPGらしさ、和製RPGの素晴らしさが感じられる作品


1.ニノ国 白き聖灰の女王 /レベルファイブ

個人的に時間潰しのために購入した作品でしたが、思わぬ伏兵でした。
RPG黄金期といわれた彼の時代に体験した面白さがそのまま現代風にアレンジされ、数々の要素が上手い具合に絡み合い見事なまでに完成された作品。ストーリーを除いて・・・
ポケモン+ドラクエという夢の調和が遊べ、ジブリの力を最大限に発揮した素晴らしい出来。

本当にストーリーのハンパな出来が悔やまれるが今後の展開が非常に期待できるシリーズ。



2.英雄伝説 碧の軌跡 /日本ファルコム

空から続くシリーズ展開の集大成。
完成されたシステム全般、奥深く凝ったストーリー、キャラクターに味があり、これぞRPGという作品。
シリーズが5作ということもあり非常に長いため、システムに大きな変化がなく飽きやすいがストーリーがそれを全て補う。
RPG好きには是非プレイして欲しい作品。
キーア(CV:釘宮)の癒し具合は今年一。キーアが話すと自然とニヤけてしまう。

来年度に展開される完全新作の軌跡も非常に楽しみだ。



3.テイルズオブエクシリア /バンダイナムコゲームス

テイルズの勢いを感じた作品。全作プレイ済みの大ファンだが、過去最高の“快適さ”
ロード、システム周り、戦闘が他の追随を許さない出来。今年一の快適さ!
不満もないわけではないが、スマートに終わらせた作品。
全ての要素が一定以上を保ち、ロード面も改善されRPGの最高峰に近づいてきた。



世間的にはスカイリムが発売されRPGの真髄が感じられるが、やはり和製のRPGが個人的に好き。

来年もこのジャンルが一番気になるし、一番買うであろうRPG狂です(´∀`)



◆傑作大賞
どうしてこんなにこのゲームは素晴らしいんだろう・・・
そんな作品達。見て興味が出た方は是非プレイして欲しい


1.inFAMOUS 2 /SCE,Sucker Punch Productions

サンドボックスアクション。それは収集癖の集まる箱庭。
電気人間という題材を満載に詰め込んだアクションの数々。
時間を忘れてプレイするゲームこそ、傑作と呼ぶに足りる。
収集させてるのに全く飽きない豊富なアクションと収集パターンは本当にプレイして欲しい。

サンドボックス型のゲームを始めてプレイする人にオススメの一作。


2.キャサリン /アトラス(現:インデックス)

人が織り成す三角関係と人の業を悪夢という題材でパズルアクションに仕上げた新感覚ADV。
ゆる~い感じで笑いと恐怖を注ぐアドベンチャーパートと裏腹に硬派な難易度を誇るパズルパート。
絶妙なバランスの出来でパズルは難解ながらも突破したときの爽快感はまさに天にも昇る気持ちにさせてくれる。
人を選ぶゲームであるが、完成度・熱中度は完璧でした。

Cキャサリンの誘惑に完全に負けた。沢城さんはホントなんでも出来るなぁ・・・と感心するゲーム。


3.無双OROCHI 2 /コーエーテクモホールディングス

今年出た無双系タイトルの集大成。まさに良い所取りの優秀作品。
プレイアブルは総勢132名、ステージ数は60。しっかりストーリーも力を入れた。
作業感はややあるものの、爽快さ・手軽さは増し、難易度最高峰の修羅でもしっかり遊べる。
まだまだ改善しなくちゃいけない点は多いが、無双としては大変良作。

無双を初めて触る人にオススメの一本。史実は完全に無視しているため歴史に疎い人も遊べる。



好きなゲームジャンルは偏りありますが、RPGでの至高、理想は高いのでここには入ってきませんでした。
アクションがどんどん面白くなってきましたね。FPS/TPSが苦手ですがそれでも尚、傑作ゲームは楽しめる。
得手不得手を度外視して楽しめる三本。





日本にとっては大変な一年でした。
ゲーム通じて今年思えたことは、今も楽しませてもらってる喜び。
ゲームが普通にできている今日、有り難味がひしひしと伝わった一年。

ゲームによって人は笑顔になれるし、時間を忘れてプレイするその満足感を来年も味わいたいですね。


だからこそ、近年目立ってきた「手抜き」を無くして欲しい。
なんでそんなバグを見つけられないんだ!という安易なバグが多い年でもありました。


来年期待している会社は三社。
日本ファルコム、アトラス、イメージエポック。どれも主力がRPGですが、三社三様の面白さがあります。

今年は耐える時だったイメエポがおそらく来年はHD機に進出してくるであろう。化けるも消えるも来年次第だと思ってます。アトラスも来年にはP4G、更なる展開もありそうですし、ファルコムは那由多の軌跡、セルセタの樹海が控えてます。

テイルズ元年と言っても過言ではないハイクオリティを出してきたTOX。そこからどうステップアップするか注目のバンナム。今年は盛り上げてくれたが、まだ何かが足りないスクエニ。勢いはどこまで行くのかレベルファイブ。

メジャーもマイナーもそこまで差が無くなってきた今年。拮抗してクオリティをどんどん上げていって欲しい来年。

長くなりましたが、ブログを始めて9ヶ月色々な方に訪問してもらい、コメントも相互リンクももらい励みになりました。ありがとうございます。拙いブログではありますが、来年も皆様と楽しいゲームを共有できればと思います!


amarec20110915-195100.jpg

Comment

  • 2011/12/31 (Sat) 23:49
  • GONZOH #- - URL
  • Edit

来年も宜しくお願いします。
王元姫目当てで無双買ったんですよ!
でも飽きるの早かった!(笑)

  • 2012/01/03 (Tue) 00:09
  • hibari1651 #- - URL
  • Edit

>GONZOHさん

買ったんですか無双(笑)
元姫は天使ですが、武器が変更できない今回は立場が厳しいです!

一気にプレイよりもじっくりちまちまが無双はオススメです(´∀`)

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。