Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プレイ日記】『FINAL FANTASY 零式』 01~まずは小手調べ

キャプチャボードの関係で画像は後日から撮り始める予定

FINAL FANTASY零式 プレイ日記01

第一章~第二章始めまで


まず攻略記事を書こうと思ったのですが、リアルタイムにガンガン進む仕様でSTARTですぐ画面を止められないので苦戦中(笑) パンチラが・・・

さて今日はストーリーには触れないで仕様を体験版から見て改めて確認していきます。

ストーリーはオープニングが公式サイトにUPされているままの映像です。
若干違う部分はテーマソングの入り方と特別編集されたゼロを聞けることくらい。
スタッフのクレジットもそのままです。


第一章はニューゲームから固定パーティ(エース・クイーン・ナイン)で進行。
やはり遠距離からガンガンいけるエースと近接でなぎ払うナインを交互に使用すればクリア自体は簡単。

戦闘中に一番効果的なのはキル/ブレイクサイトで雑魚一撃or大ダメージ
これが戦闘の大元であり、爽快感とテンポを良くしているシステムですが中ボスやボスに対しては通常がほとんどダメージが通らない形になるので見切りによるサイト狙いが主になるのでタイミングを掴めないと泥沼に嵌り易い。


キルサイトを狙う場合、初動が早い通常or魔法SHG(ショットガン)系が有効ですのでどうしても通常攻撃の出が早い近接キャラやMPの高いキャラでSHGに頼りがちですが、そう馬鹿の一つ覚えともいかない場面があります。

隔離された場所から遠距離のみで攻撃してくる敵が存在するので、近接orSHGでは届かない
その場合は遠距離通常攻撃ができるトレイや魔法RF(ロケット)/MIS(ミサイル)を駆使して攻撃しなければなりません。

使いやすく簡単に火力の出るエイトやジャックでゴリ押しが難しい場面があるので難易度はそこそこある感じですね。


ファントマという魔法強化にかかせないアイテムは敵を倒した後に回収する必要のある動作ですが
体験版では回収作業が非常に遅く、一体ずつしかできなかった仕様が
製品版では、複数の敵をロックでき、回収速度が上昇。さらに範囲ダメージまで付いてくる仕様に変更。

戦闘中はRボタン押しっぱなし(コンフィグで長押しでON/OFF設定可能)に左右十字キーでロック対象変更
上で一番近い敵に対象変更、下で倒したキャラなどの非戦闘対象物にロック

と、結構忙しいボタン配置。ファントマ回収時にはキャラは移動できないので状況判断なども必要になってきます。

ファントマ回収に関しては体験版から仕様変更して改善していると思えます。
もう一つ上げられていたカメラですが、大型の敵をロックしたときはやはり見にくいですね。
向上したのかもわからないほど画面いっぱいに敵が写りこむので厄介です(;´∀`)
たぶんほとんどの人は第一章の最後の敵で感じるはずです。敵注視したらサイト見れなくなるってどういうこと!


総じて、面白いです( ゚д゚ )
体験版で使えなかったキャラも長所短所ありますが、やはりジャックの火力、エイトの使いやすさは光るものがありますね~
ただちょっとアレ?って思うのは、ムービーシーンはぬるぬるキャラが動くのに対して、イベントシーンの動きの無さ。
明らかにイベントシーンは手抜きですね(笑)

※プレイ中のロードやインストール容量

DL版購入。ダウンロードなのにDisk1、2に分かれてます。
Disk1 サイズ:1268MB
Disk2 サイズ:1024MB

インストールはDisk毎に2パターン。小サイズと大サイズ

DL版の場合はメディアインストール無しでもロードは気にならない程度。
DLタイトルの場合、下手にインストールしない方がいい例があるのでしてませんがいずれは検証してみます。

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。