Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICOHDリマスター版 プレイ日記01~いきなりタイムアタック!

s-amarec20110924-224453.jpg




 ICO HD プレイ日記01

いきなりタイムアタックに挑戦してみました!



謎解き、戦闘、ショートカットの試行錯誤など遊び要素はたくさん。
しかし第一に、この世界観、UIに余計なものを一切表示せず世界に没頭させる作り、話の流れがICOの醍醐味
思い出の一作って人もかなり多いでしょう。

懐かしいですねぇ・・・オリジナルが2001年12月6日発売ですから、約10年前ですか
上田さんが放つ独特のオーラは10年の時もなんのその。オープニングから走馬灯にように思い出が蘇って・・・

と感傷に浸っている場合ではなく、台風の影響もあって発売から2日遅れでのプレイ開始でした。
待っている間にゲームのことで引き出しがいっぱいになったダメな脳みそから記憶を振り絞りいきなりタイムアタックに挑戦!

当時は2時間くらいで行けた記憶があったのでトロフィーリストに存在する

Gold.png城の案内人
2時間以内にクリアした。

狙えるかな~と思ってたわけですが。

蓋を開けてみるといきなり操作が覚束ない(笑)
とにかくジャンプの精度が悪く、セーブは少なくしているので落下死で何度か頭を抱えました
感覚を完全に忘れているところからスタートして、中盤からの謎解きの応酬にはそれなりのプレイができるようになりましたが序盤にミスを連発したせいか焦りまで出てきて、もう完全にアウト(;´∀`)

s-amarec20110924-223955.jpgs-amarec20110924-224538.jpg

2時間25分40秒ーーーーーーーーーー\(^o^)/

ダメダメですね(笑)
終盤は完全に諦めモードでエンディングで泣いてやるッ!って気持ちで一応最後までクリアしました。
クリアするまでに必須として獲れるトロフィーは8個ありました。総数16個なのでクリアするだけで50%ですか(;・∀・)
ただ最難関の2時間クリアはそうそう獲れるものでもないですね、操作の慣れとショートカットの無理をカバーする腕、影の出現位置把握などなどICOをかなりプレイしていないと厳しいと思います。


エンディングに入る瞬間がわかっていてもテーマソングがかかるとゾクゾクッと鳥肌が立ちました
何度観ても本当に色褪せないゲームだ。

HDリマスターとして一番影響があったのはヨルダの顔が・・・非常に綺麗になってます!
あとは背景描写ですね。ザラつきが一切なく質感が物凄く良いです。元々PS2時代でも綺麗でしたけどね。

さて、とりあえずクリアはできたのでもう一つの世界「ワンダと巨像」に旅立ちましょうかね。
さすがにワンダはスピードランする体力は残ってませんし、わざわざ急ぐ理由もないのでゆっくりプレイしてきます!

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。