Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TGS 2011】 気になる最新情報!PSP/PSV編

TOKYO GAME SHOW 2011
ビジネスデーから一般公開日までの最新情報を気になる視点で。
~PSVita編~

各所の記事を参考にさせて頂きました。
4gamer.net
ファミ通.com



タイトル別 記事内リンク
テイルズオブイノセンスR/ツインブレイヴ
【ゴッドイーター2
イース ~セルセタの樹海~
GRAVITY DAZE
幻想水滸伝 紡がれし百年の時



【PSP/PSV】
今回のTGS 2011の目玉とも言えるPS Vitaを中心にかなりの情報が出ましたね~

テイルズ オブ イノセンスR(公式サイト)|バイダイナムコゲームス (対応機種/PSV)

DS版から『再構築』の位置づけでリメイクされる。
新キャラクター「キュキュ・セレツネワ」を加え、3人⇒4人PT編成へと生まれ変わった。

主題歌にオリジナル版も担当したKOKIAを起用
PSV版のテーマソング「Now Day,New Life」とオリジナル版の「Follow the Nightingale」のどちらも収録されるとの事。リメイク版のOPが流れたあとでオリジナル版のOPも流れる仕様。オリジナル版はOPだけはイイ出来なのでKOKIA起用は良判断。



PVも公開されていますが、オリジナル版とは似ても似つかぬ・・・
PSVということでトロフィーも搭載され、やり込み要素もバッチリでしょう。

肝心の発売日は「2012年予定」となってますが、ブース内で大館プロデューサーが「お年玉の無くなる前には・・・」と呟いたそうで、1月下旬~2月中旬までの間と予想。エクシリアからスパンが短いですが、PSV購入早期でテイルズが遊べるということでかなり期待します。


テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ|バンダイナムコゲームス (対応機種/PSP)

テイルズオブシリーズ15タイトルから各2人ずつコンビとして参戦する無双アクション
テイルズ無双とでも位置づければいいのでしょうか。あれだけキャラがいるし、1作目ということもあるのでプレイアブルキャラクターは30人+αくらい。ちょうどいいとは思いますが、キャラゲーの枠は超えてほしい所です。

情報はあまり出ていませんが、TOSからロイド/ゼロス、TOVからユーリ/フレン、TOXからジュード/ミラは確定。
既存の戦闘システムを応用するか、など気になる点はまだまだ残ってますが今後の情報を待ちます。

〔参考記事〕
4gamer.net記事
ファミ通.com記事



ゴッドイーター2|バンダイナムコゲームス (対応機種/PSP)

来ました!GE続編はPSP!
ここは是非ともPSVで。とも思ったわけですが、ダウンロード販売されればPSVでも出来るわけですし譲歩しましょう。
ストーリーは前作から3年後、新部隊「ブラッド」に所属する主人公が物語を紡ぎ出す。
新武器「ブーストハンマー」、「チャージスピア」を新アラガミに「マルドゥーク」、マルチプレイの新システムに「エンゲージシステム」を追加。

シングルプレイにおけるストーリーとは別にマルチプレイ専用ミッションルートを用意し、シングルでもまったり遊べる仕様にしたとのこと。これは素晴らしい・・・俺得・・・!
前作GOD EATER BURSTからのデータ引継ぎもある模様。
今回もOPはufotabieが手掛けるようなのでそこも注目ですね。



公式サイトとは別にコミュニティサイトもオープンしています⇒コチラ

〔参考記事〕
4gamer.net記事



イース ~セルセタの樹海~|日本ファルコム (対応機種/PSV)

発売は2012年予定。
イース7の基本をしたパーティプレイを搭載。操作に関しては7に近く、プレイ経験者はすぐ慣れるとのこと。
ysvita_sousa.jpg←クリックで拡大します

操作方法を見ても分かるように前面/背面フリック操作がありVitaならではの遊びもあるようだ
新アクションに「フラッシュガード」、「フラッシュムーブ」が追加され、更にテンポよく戦闘できる。

イースは何にも代えて、その没入感。サクサク進む戦闘とストーリー。ボスはキッチリギリギリの戦いが演出され達成感が物凄い。7で搭載されたパーティプレイも個人的には最高だったので今回も左手が釣るまでガッツリプレイしてやる!
今作のアドルさんは記憶喪失ということでストーリーもかなり気になるものになっています。



〔参考記事〕
4gamer.net記事



GRAVITY DAZE|SCE (対応機種/PSV)

発売日が2012年2月予定!
PSVの能力を思う存分振るったタイトル。発表当時から独特のゲームデザインで注目を浴びた。
ゲームとしては重力を操る少女が動き回る、記事によるとなかなかに難易度が高いそうでこれもまたそそる部分である。

まずどうVitaで演出するか、SCE内で試行錯誤したVitaとのマッチングを考えて作ったようなのでこれは四の五の言わず買うことに決めていた。ただローンチ予定からずれてしまったのが残念。
オープンワールドに360度どこでも行けるデザイン+収集要素とか考えるとゾクゾクしますね(´∀`)



GIGAZINEのウォークスルームービーで見る有機EL画面の美しさ |Youtube



幻想水滸伝 紡がれし百年の時|KONAMI (対応機種/PSP)

まじかーーーーーー!幻水新作とかサプラーーーーーーイズ!
ただジャンル未定が怪しいところでAVGやSRPGの可能性を否定できない今の幻水・・・

ナンバリングの関係で外伝である可能性が高いが基本RPGならなんでもいいよもう!





とりあえずはこれだけです。

明日にでも3DS編かPS3編を編集したいですが、あまりに情報量が多くてかなり削りながら書いてます。
上記の作品は揺ぎ無き購入予定です。

上記タイトルの他にもアンチャVitaとペルソナ4Gは買い。他は難しいですね~そもそもそこまでプレイ時間があるのか(笑)

TGSでよかったのはVitaの有機EL画面が想像以上に美しかったこと。
それだけも購入意欲が沸いてきますし、何より新ハードっていい響きですよね!

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。