Game Scout

ARTICLE PAGE

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック★ロックシューター THE GAME プレイ日記01:キャラゲーとしての及第点

2011-08-26 18.09.36

初回限定BOX購入。
●中身
 ・figma/WRS
 ・アートワークス(初期案や年表がかなりイイ)
 ・リミテッドサウンドトラック(全10曲、計13分と短め)
 ・ゲーム本体

御影社長の原価計算ミスで売れば売れるほど赤字になる限定版
個人的には満足。WRSは本当に良い出来です。

さて、肝心のゲーム内容ですが・・・
イメエポは好きですが、妄信はしません。感じたことはそのまま書きます


アクション要素の強い戦闘形式です。

ボタン配置は□:射撃、×:防御、○:回避、R+各対応キーでスキル、Lでアイテム使用(選択中は時間停止)
射撃と回避はヒートゲージ上昇、何もしないままだと減少、防御は増減しません
ヒートゲージが100%になるとオーバーヒートで一定時間行動不能

射撃は単発ではなく1ボタンで連射なので、相手の動きを見て撃たないと防御/回避が間に合いません

回避のタイミングは慣れで解決しますが、複数の敵から時間差で攻撃を受けるときがあるので防御も使わなければなりません。完全回避ゲーではなく、しっかり防御も生きているのでそこはGood!
回避は定点から左右にしか動かないので、見ていて面白みはありません

最初のうちはタイミングがシビアなので難しく感じますが、攻撃されるタイミングで敵が光りと音(ピローン♪)で知らせてくれるのでアクション苦手な方も簡単に出来るようになるはずです。

雑魚戦が本当に蹴散らすだけの存在。負ける気がしねぇぜええええええ!ってやつです

しかし、ボス戦(特にエイリアン)は本気で殺意を感じる設定です
一発が重く、数度くらうだけで瀕死。焦って回避&射撃に夢中になっているとオーバーヒートでフルボッコ!

アクション/FPS/TPSは毎度そうですが、冷静さ(冷徹さ)が大事ですよね。人生も

ゲーム序盤ですが戦闘に関しては以上です
シンプルな作りですがそこまでヌルゲーでもなく、締める所はキチンとしてます
御影社長も言ってましたが、ゲーマーの方には簡単に感じるかもしれないと。全くその通りですが=つまらない には繋がりません。


マップ。ほぼ一本道でデカデカと親切という名の進行方向矢印付き。不恰好でナンセンス



ストーリーはまだ何とも言えませんね。
アニメ版のキャラクターも好きですが、今作のキャラクターも味があっていいと思うところはあります。



私的に大事なのはやり込み要素
ステージ毎に16個の「レコード」というやり込み要素があります。
ステージ1だから簡単に全部集まるというモノではなく、きっちり条件を満たさないとアンロックすらされない仕様
レコード解放でパラメータ上昇やスキル解放、着せ替え衣装などゲットできます

収集要素はこれだけですが結構いいボリュームです。ゲーム本編が平均12時間クリアとか言ってましたがおそらくレコード込みの時間ですね。Lv上げもほとんど必要ないのでストーリーだけだともっと短くなると予想します。




とりあえずはキャラゲーとして及第点は確保してる印象です。案外ハマります(笑)

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。