Game Scout

ARTICLE PAGE

『デビルサバイバー2』 プレイ日記01~ちょこっと触れた感想

安定したゲームシステムと難易度+快適さ
ds2_pc.jpg
◆デビルサバイバー2 プレイ日記01

最序盤の感想


■ゲームシステム全般

 ・難易度
アトラスと言えば、絶妙な難易度設定の上手さが目立ちますが、今作もしっかり作られています
悪魔の育成を怠れば、例え雑魚でも苦戦を強いられますし、しっかり悪魔合体やオークションで吟味すればそれ相応の価値がでます。最序盤なので弱点消しなどの完璧な悪魔はまだまだ作れませんが敵チームの傾向などでぶつける味方を選んだり、特化させたチームを作って臨機応変に遊んだり、コレといった固定をしなくても遊べるいい難易度

 ・邪教の館とオークション
合体に関してはあまり変わりませんが、このシステムは既に完成形などでこれ以上言うこともないです
オークションは今回からスペシャルオークションがランダム発生し、★5(ランク)の悪魔などが破格で買えたり、オークションに出ている悪魔が★5に変化したりするシステムが導入され、ロードでオークションの中身が変えられるので吟味も簡単
前作は価格を釣り上げる通常のスタイルでしたが、今回から相手の予想額が最初に表示され、オークションが始まると価格が目に見えない状態で相手の顔色を窺ってこちらの希望額を提示するスタイルなので結構ハラハラしてて面白くなってます

 ・フリーバトル
基本的にスキルクラックとLV上げ、マッカ稼ぎを全部出来る仕様です
今回はフィールドにメモリースティック状の宝箱が設置され、マッカが大量に手に入ったり、未修得のスキルをLVに達することなく習得できたりします
LVは時間毎に一定の敵しか出てこないので急激な上昇は見込めず、あくまで次のストーリー戦闘へ向けてのLV上げ程度

 ・縁システム
コミュニティ機能。5段階に分かれ仲間個々に存在するパラメータで、ランクが1上がる毎にその仲間のステータスに変化がある(耐○○付加など)システム。会話の選択肢にパラメータが上昇する項目が隠されているので会話に重みが出る
しかしどれが上昇する項目だったのか、組み合わせで内部パラメータ(あるのか不明)は本当に上昇してるのか、が目で確認できないので少し不便である。
会話の選択肢に意味を持たせ、仲間の生死に関係するので戦闘以外の面白さは十分にある


ザッと思うことはこんなところですが、中毒性が高くて前作経験者も新規も楽しめる!
仲間の生死はどこで起きるのかわからないですが、なるべく全員生存・・・女性優先で頑張ろうw

Comments 0

Leave a reply