2014/08 - Game Scout

単独行動



「やることない」と思うことが少ない。とてもいいことでしょう。
そんな私はヒバリとラークでソロプレイ時こそ忙しくあれこれアークスシップを駆け回っている。
何千時間とプレイしてきた猛者は確かに「やることがない」と嘆くこともありそうだ。
隅々までPSO2を楽しんだ、と言えるだけのことを私はまだしていない。
あみだくじのような道に一本乗って、ひとつずつ課題をクリアしている最中。

課題をクリアしている最中に新たに道が生まれ出る。

終わらない正のスパイラルに[収束]という言葉があるのかは謎である。


サ・ザンという掘削作業





ラークの単独行動時には、通称『サ・ザン掘り』と言われるサービス残業の現場作業員をしている。
サ・ザンが欲しい理由はLv16ディスクで威力が跳ね上げることとエリュシオンを入手してしまったから。
いや、嘘があった・・・。

エリュシオンを用意したから、だ。
言わずもがなのビジフォンドロップで氷50と風50の二本を。

サ・ザンは赤コンテナと敗者眷属のレア種「アポストル・トリッツァー」がドロップする。
私はいつでもできるという点で現場作業員を選んだが、これがなかなか甘くない世界。
根を詰めすぎると、労働基準(モチベダウン)に引っかかるので一日2回やる、くらいの心持ち。

それでも、出たらきっと嬉しいだろうな~という達成感目的な面が大きい。
レア掘りに言えることだが、本当に根を詰めすぎるとダメね・・・\(^o^)/

しかしエリュシオン・・・属性と能力付けが終わっているのであとは楽やろ、と謎の余裕をかましてましたが
さすがというかやはり★11の強化は伊達じゃない!!(某ニュータイプニュアンスで
潜在Lv3でないと真価を発揮しないエリュシオン、泣きそうです(直球

ピュピュピュン



この擬音で何をしているか、わかった人は握手。

正解はバレットボウの「ラピッドシュート」でした!
この擬音に近くて、別のものがあったら・・・それはそれでええやん?()
バレットボウに合わせて、ツリーを追加してラピッドシュートとウィークスタンスのみ、カタナはギアすら取ってない状況。
完全に失敗しているツリーなのでEp3で初期化予定ですが、それでも対ボスは圧倒的な強さでヒャッハー!

問題はPP極の装備ではないので、対雑魚の立ち回り。
PP回収を兼ねる通常攻撃はヘッドショットでバカにならない威力をはじき出すので、
TPS視点でしっかり狙ったり、経験の浅い部分を鍛えるという点で対雑魚も楽しすぎます。
バレットボウは死にPAがなく、状況に合わせて上手く使えるとメチャメチャ気持ちいい。
グラヴィティポイントとトリットシューターをもっと活用したい、と混沌では弓を担いで行動。




潜在とカラーリングを考慮して、クラテルアーチェを担いでます!
ウィークスタンスの仕様上、安定の光ビブラスボウとこの火クラテルアーチェのほかに
最低でも氷と闇のバレットボウも用意したいなぁ~という安易な気持ち(・∀・)

魔石も良い具合に溜まってきているのですが、魔石武器はバウンサー用にとっておきたいのでEP3まで様子見。
本当にいくらメセタあっても足りないです(´・ω・`)
打撃のリアユニットもずっと素材作りで終わらないし・・・!

Read more

TA勢?


一昨日からチームに加入しました。
迷った末ですが、脱退から約2ヵ月の所属チームなしを満喫した上での加入。
「Shuttle Hawk」(往来する鷹という意味)さん、よろしくお願いします!

主にTAを嗜む方々が多いようです。
私はナベ、ナベⅡ、龍祭壇の3種しかまともにプレイしたことがありません。
さらにソロでしかTAはやってこなかったので、パーティプレイのTAは未知数。
見た目でややこしいリリーパとアムドゥスキアを覚えるイイ機会、なのかもしれませんね・・・。

ということでお誘いを受け、さらに簡単に解説もしてくださる有難さ!

ほう、なるほど、ふむ、はい~、了解っす・・・相槌を打つだけの機械に成り果てた私です。
そして早い。おそらくゆっくりやってくださっているはずなのに、早い
とりあえず感じだけ掴んでくれれば、と言われたもののこれは勉強しないとどうにもならん。


まずはソロでクリアできる程度に理解して、パーティプレイの応用を覚えていきましょう・・・。

EP3で増額されるが週一になるクロトTAオーダー。
気が向いたときにしかやってこなかった人間からすると、間違いなく儲けが増える。
毎日欠かさずやってきた人からすれば、色々あるようですが。
今から覚えておいて損はないはずなので、とてもイイ機会に恵まれたな~と。

TAの中でも時折笑いを忘れない感じで気さくな方々なんだ、と思うこともできましたし、
的確な行動を見ると、プレイヤースキルは並なモノでない方々でしたので、
良い目標ができた、とも思えました。TA勢こわいわぁ~



チームマスター(右)と言動がイチイチツボを刺激するメンバーさん(真ん中)と記念撮影!
名前を出していいものか確認するの忘れてた\(^o^)/

まだ日が浅いので迂闊なことは言えませんが、良い意味で「エンジョイガチ勢」なチームなのかな?
やることはしっかりやって、バカなことも忘れない。私の目指すプレイスタイルに通じるものを感じます。
まずはコミュニケーション。挨拶は強制ではない、とのことですが、緊急時以外はしっかりしていきたいですね!

礼節を忘れず、楽しくバカなことをしたい(^p^)b

Read more

自分メモ


昨夜、ついったーの方でユクさんが「やりたいこと」をまとめていた。
それはごく普通の自分メモなのだが、やりたいことが多いと何かが蔑ろにされやすい。
要約して書き留めておくことで、日々の遊びであるゲームにもメリハリをつける。

簡単そうだが、実に効果が高い自分メモ。
フレンドが増え、日々誰かと行動を共にすることが多くなり一人の時間も少なくなる。
良いことでありオンラインゲームの当たり前に属することであるが、
元々ソロ気質の私にはソロの時間も同じくらい大事なものだ。

さっそく私も実践せねば!と思い、書き留めたが私のメモ帳は彼方ではなく此方。


まずはヒバリ。
彼はハンターとブレイバーをカンストさせ、ひとまず落ち着いた生活に戻っているが、
来るバウンサーのためにやっておくことは実は多い。

【バウンサー用のクライアントオーダー溜め&消化】
初期段階をすっ飛ばしてのクライアントオーダーでのレベルアップ手段。
この行為自体、賛否両論あるだろうが私は “ある程度” すっ飛ばしていく予定。
実装初日でSHクラスまで上げようという話ではない。
武器を掘る・動きを楽しむためにも現状防具の兼ね合いもあってハード以下は被ダメージが極端に低い。
多少リスキーなことをしないと、攻撃手段以外の部分で張り合いがない。
避ける・受けるを意識させてくれるベリーハード以上で、もちろんソロで遊びたいためのオーダー溜め。
無双状態と呼ばれる攻撃される前に倒すことより、常に回避行動が頭にないと動きが雑になるのが近接クラス。
デュアルブレードはどちらかと言えばスタイリッシュな動きをするだろうから、華麗に舞うためのリスクをイメージとして残しておきたいために今回は“ある程度” クライアントオーダーですっ飛ばす予定。


【弓ブレイバーとしての動き練習】
正直、ブレイバー実装当時に使ったきりでバレットボウを使った経験があまりない。
EP3でバレットボウの調整が入るが、経験数が少ない状態から調整を実感するのは困難だろう。
「お、使いやすくなったな」と思えるくらいには実戦経験が欲しいところである。
ラークでもバレットボウは使いたい予定があるので、カンストしているヒバリで動きだけでも理解し、
できれば遠距離はバレットボウを使っていきたい。


次いでラーク。
まだフォースとテクターのレベリングは続いているが、装備はそこそこ充実してきている。
スピリタを盛っているが、最近はPPを少しとあとはHPを盛りたいと思い始めてきた。
SHは下手すると一確で倒されてしまうリスクで楽しいのだが、マルチプレイでは心臓に悪いことも多々ある。
装備面もテコ入れが必要だが、何せ美しいからコスチュームにもこだわってしまう()


【テクニックLv16ディスク掘りにSHADへ】
EP3からディスクLvが16でいきなり強くなるのではなく、段階的に上がっていくようにします、と菅沼氏が言っていた。
16である必要が薄くなったが、16が一番強い事実は揺るがない。
何より、ラークは稼働時間がまだ少ないので全PA/テクを揃えていない。
本腰をいれて探しにいく環境は出来ているので、あとは積極的に誘っていきたい。(こっちが重要か)


【ブレイバーの育成】
ヒバリの方でも触れたが、ラークは射撃クラスも扱っていく予定。
構想はガンナー/テクター、ブレイバー/フォース、バウンサー/ガンナーの3パターン。
テクター/ハンターも面白そうとは思っているが、まだハンター育成は考えていない。
そもそも、構想はあってもレベリングに追われて実践するのはいつになることか・・・(*ノωノ)




もっともっと細かく分ければやりたいことはあるが、戦闘面ではとりあえずこれだけ。
文字ばかりになってしまったので、昨夜イメチェンしたラークをペタッて終わろう。



バードリングウィングがまさかの髪色依存のカラー対応だったのに気付き、思い切って髪色をチェンジ。
ハンパにするより多少派手でも、思い切りが大事だと・・・何色って言えばいいですかね?w

アクティブな遊び


あ、どうもごめんなさいね!
タイトルで良い感じに入ったのに、私です!

さてさて、予告通りの「アクティブキャミ」でキャミキャミするお話です。
ラークを演出する上で忘れてはいけないのが “艶やかさ” なのですが、
「アクティブキャミ」は少女から淑女まで幅広く似合うコスチュームだと思います。
ちょっと大人の、ちょっと大人の遊びを、ね?(何が ね?だ

“大人の火遊び” って言葉がゾクゾクしますね(^p^)



もう雑・・・!初っ端からフォントすら探さない雑なパロディ・・・やる意味あんのか!
しかしこの「やらねば」感は実際に思った(こなみかん

ちょっと大人感とは難しいもので、顔が若年顔だとしてもコスチュームで印象年齢がガクッと落ちるポイントをどこで持つ直すかが鍵。今回はアクションで持ち直してみましたが、どこまで“艶やかさ”を維持できたか・・・!


パンクで




アクティブというだけあって、アクティブな遊び(パンク)が似合う!
バンドマンっていいですよねぇ。ガールズバンドもいいですが、紅一点のギターで女性とか一際カッコよく\(^o^)/

そのギターテクで私を籠絡させるつもりなのね?!なのね?!
おれの体をギターとしてあつk(おっと危ない



私の大好物のお肉がちょっとはみ出したショートパンツなんですがね、これじゃわかりづらい(失敗したぁ
私の欲望もはみ出していたみたいですね、もう背面からのローアングルならなんでもいいや状態だったようです。
星が瞬く野外での楽器演奏は気持ちがいいものです!(お茶を濁す

Read more