2014/07 - Game Scout

もっとシュっと


感謝祭2014の後半が始まったわけですが、今回のスクラッチいかがでしたでしょうか。
やはり目玉はダークレイスウイングに集中しそうです。
現在の値段を見てもビックリしすぎて、装備強化や能力追加のために貯めているメセタとにらめっこして、
昨夜はようやく我慢した次第。(高すぎやろ!
本命の迷彩「アルマゲスト」もぶっ飛んでる値段で、手が震える(^p^)


薄暗い混沌に変わって、遺跡で繰り広げられる屋外混沌が非常に楽しいのは後々記事にするとして、
今回はヒバリとラークのなりきりショー!(キャッキャ

思ったことは、もっとシュっとしたコスチュームにすれやオラァ(狂気
女性は体にフィットして見栄えがよろしいコスチュームばかりなのに、
男性コスチュームはなんでこう、ダボっとするのかなぁ(´・ω・`)
筋骨隆々の野郎よりもスタイリッシュなソフトマッチョが好きな私としては、
甲冑だろうとボディラインがシュっとしていて欲しい・・・。


PSO2版リューサン





子供の頃からFF4のカインがずっとカッコイイと思って過ごしていました。
最近はすっかりネタにされつつある「竜騎士」。
とんでもないAAは自重して、カラー・上半身はほぼほぼリューサンではないでしょうか!(まじイケメン

しかし下半身のダボっと加減がもう・・・。
立ち姿が決まらないのよ!といって、脚の太さをこれ以上細くすると、フンドシになったときの違和感が。
いやね、フンドシ姿を想定してるのもまずいのかもしれないけど、男性の美は裸にあるでしょ?(真顔
下半身がガッシリしていたほうがメイル系は重厚感あっていいのもわかる。


とりあえず、今度脚の細さを見直してみるかな(掌クルー



なりきりリューサン
【使用コスチューム】アイオールメイル夜
【アクセサリー1】アイオールヘルム
【アクセサリー2】ギリアスバイザー雪
【アクセサリー3】ループブレスレットG
【使用ヘアスタイル】ストレートショート

パルチザンのPAでジャンプ(消えてる最中無敵)実装お願いします!


Read more
PSO2放送局♯22 –感謝祭2014スペシャルin札幌
WS000078.jpg


以下、バランス調整面で長めに続きます
Read more

PSO2放送局♯22 –感謝祭2014スペシャルin札幌
WS000022.jpg
Read more

絶望という名のレベリング




ようやく安定してきたかな?という印象の防衛戦:絶望。
未だSランククリアは達成できていませんが、とりあえずクリアできる喜びが、レア取得より勝っているので私はヨシ。
Lv60以降のレベリングとしても絶望は相当ウマイ・・・のですが、滅多に60台前半の方を見ません。
カンスト者が多く、クラスも偏りを感じますね。(理由は明白ですがw)

初戦以降、ずっとカンストしているブレイバーをメインで68のハンターをサブに添えて戦ってきました。
結局カタナの動きに慣れているので、強化されたダールゼントウやゼッシュウを振り回すほうが貢献できる!
と、思っていました。(過去形)


各所でも絶望に対する近接のあり方が書かれていると思います。
大事なことは出現位置を把握し、塔に近づく前にウォークライ。
塔付近を守っていて、近づかれてからウォークライではどうしても数撃塔を殴られてしまうので、
塔と塔の間、もしくは出現位置から塔の間、遠すぎずの距離で捕まえておくことが重要な気がします。
腕に自信のある方はそのままソロで倒せたりするのですが・・・私はできてもウォルガーダくらいです\(^o^)/
塔破壊のプロ、デコル・マリューダとブリュー・リンガーダを引き付けるだけでも貢献度はでかい!(はず)

でも毎回、ヒィヒィ言ってます(^p^)

そして報酬初日にはメインハンターでソード一本背負っていってきました!
結果からいえば、レアブーストが素でかかっているのでキューブは28個と大量。

pso20140723_215341_027_R.jpg
無事に報酬期間目標にしていたハンター/ブレイバーカンスト!


初日でひとつの目標をクリアできたことは幸いでしたが、一週間しかありませんからね・・・!
あ~終わった~とはまだまだ言えないわけです。
さて、レベリングだけで終わっていいものか悩んでいますが、何かできることを探しながらの一週間になりそうです!
なんで事前にやりたいこと決めておかなかったんだ\(^o^)/
Read more

白と黒



さて、正義の味方。つまりヒーローというのは何色のイメージを持つでしょうか。
戦隊モノなら定番の
主人公カラーとして採用されやすい白や
様々だとは思いますが、比較的明度・彩度が高いカラーが使われていると思います。

でも世間には“アンチヒーロー、ダークヒーロー” という言葉が存在します。
アンチとダークは同一の意味を持ちませんが、まぁ大体まとめてもいいやろ…てのが私の考え。
ダークは敵サイドにいるカッコイイやつ。アンチは反英雄行為を貫くゲスカッコイイやつ!

私は元々重度のチュウニを患っているので、近年のアニメやゲームでも
ピカーッとサンサンの太陽のもとに生まれてきた主人公より、
地の底を舐めてきた過去をもつ裏がある主人公が好き。


PSO2はコスチュームのカラーバリエーションで影が人気あるので、みなさん結構暗めの服が好きなの、かも。
そんなわけで、今回は「エレクトロニック・ディーヴァ」に追加されたコスチュームから
ダークヒーローをイメージして・・・闇堕ち、ダーカー因子をもつアークスに生まれ変わってみました!

女性ならクレイジーキトゥン紅がイイ味出してます。
多方面で上げられているSSを見てもいい感じです!もっとやれ!



「エニグマレベリオン紅」

カラーチェンジしてない状態、つまり元からのカラーリングでコレなんですが、どうです。
どうみてもダークファルスカラーの仕上がり・・・!
「エアリアルガンナー」で追加されたエニグマレベリオン。
それ自体素晴らしいデザインなのですが、元は白ベースのカラー配色だったので
こうはいかなかった。クレイジーキトゥンも同様ですね。
そして、エニグマレベリオンには「レベリオンマスク」という同一種用の専用マスクが用意されています。
しかし、顔が完全に隠れてしまうのはうーん。ヒロイックではあるのですが、顔は見えてないと(^p^)

続きからストーリーのムービー画質でみるダークヒーロー。
Read more

原理


バウンサーのバウンサーによるバウンサーのための下準備。

彼のエイブラハム・リンカーンが語った3分という短い演説に込められた思いを、
民主主義の根幹を簡潔に語ったこの思いを、私はバウンサーにあてる・・・!

さて、連日に渡る私の妄想言動に私自身嫌気がさしてきたので、
とりあえず、来週のメンテ以降に発令される第一弾報酬期間の4大150%ブーストに期待を込めて、
ラークの方のテククラスを仕上げていきたいな、とね!

レベルという下準備を済ませてから、諸々の素材をできる限り用意して、
配られた魔石だけで交換できそうな魔石武器も視野にいれつつ、まったりマイペースにレベリングですよ。
正直難しいこと考えてるより、体を動かしてたほうが気分も優れます(^p^)

ヒバリはHuカンスト済、Br@2まで迫り、時間の許す限りFiのレベリング。
ラークはFoカンストを目指し、時間の許す限りTeのレベリングに励みます。
2キャラに跨いだバウンサーの展開を確実なモノとするために、やるべきは黙ってレベリングです、high!




前回より、画像の拡大クリックをやめにして、クリックポップアップを採用してみました。
よくあるポップアップとは違い、FC2ブログのためのポップアップ式らしいので勝手が若干違いまして、
クリックで拡大したポップアップ画像は、その画像をクリックすることで拡大したものが閉じるようになってます。
私はこの手がペーペーのトーシロなので、不具合報告されても対処の仕様がない(かも)しれません!
ご容赦を\(^o^)/




あわてるな


それは孔明の・・・!

ひとやすみ、ひとやすみ・・・!


涼しげなリュウスイのデザインに、心も涼んで・・・
誘ってやがるのか・・・///

Read more

遥か高みへ



あまり記事するつもりもなかったけど、もうちょっと頑張れよーの意味を込めて。
昨夜は新緊急「採掘基地防衛戦:絶望」に対する阿鼻叫喚が見えてました。
実際20時と22時の計3回挑んできましたが、攻略法云々よりも感じたのは己の不甲斐なさと言いますか。

装備はやっと人並みになれた気でいましたが、やはり経験値が足りないな、と。
総プレイ時間をみても、現状SHブロックにいるプレイヤーから見ればヒヨッ子の私です。
並な装備でも並の行動しかしなければ、並なプレイヤーでしかない。

上手いとか下手とか、普段のクエストならあまり気にしないのですが、
突きつけられる高難易度クエストの場合は、そうもいかず。
プレイヤースキルがあからさまに見えるクエストなので、クエスト内容よりも貢献度とは別に、
本当に今この場の私は12人の中で貢献できているのか・・・?と絶望してました(;´∀`)



漠然とした“上手い人” になりたいなーという願望は、今あるクラスの中では食指が動かない。
ソードが好き、カタナが好き、TMGが好きってだけで、「このクラスを一生愛する」 とは言えない私。

好きだけど、現状は他クラス使ったほうが楽だし強いし、そっちで今は我慢するわー。
という考えは大いにアリ、だとは思いますが、私はまずひとつを愛したい!

結果を言えば、「バウンサーまではバウンサーの下準備と思って生きるわ(^p^)」


私が惚れるプレイヤーは放射状に広くオールマイティなプレイヤーよりも、ピラミッド型の先が細く極端なプレイヤー。実装されてもいないクラスに「愛してるよ」と告白するバカな行為かもしれませんが、気持ちがそれくらいないとこんなバカげたことも書けないわけで。


たかがゲーム、されどゲーム。ひとつくらい真剣に向き合ってみてもいいと思うんです。

ガチ傾向の言葉が並んだように見えますが、目指すは究極のエンジョイ。
‐‐‐‐人間だけが神を持つ。今を超える力、「可能性」という名の内なる神を

自分の中の神を信じたい\(^o^)/ いけ!ファンネル!
やっとこのセリフ使えたよ…
Read more

【和装】 ヨシノテフラ



前回の「艶ショなるタイム」から幾分か日が空いてしまいましたが、
毎度同じ趣向では、味気なくなっていくのでベクトルを変えるべく日々試行錯誤しております。

今回は【和装】シリーズの第2弾。
扱うのは“ヨシノテフラ” です。


初登場はファンタシースターポータブル2でその後ユニバースの方にも登場しているそうです。
意匠にこだわりを感じる和装。肩だしと際どいラインのミニ。一本歯の下駄で足音がカランコロンと鳴る。
一本歯で戦闘できるのか、と問われれば・・・「フォトンの力で」 とお茶を濁す。

pso20140713_134119_005_R.jpg


今回のヘアスタイルはパニスセミロング。
正直似合わないと思ってました。しかし、ベレー帽と合わせることで各段に映える。
印象も多少幼くなったのか、キュートな面も表れてキュート路線のコスチュームと相性抜群。

アクセサリーはベレー帽、シルバースターピアス、ウェストリボンB。
ベレー帽の赤にあわせて、ヨシノテフラは赤。ラークは赤か青系が似合います。
ポップなコスチュームは赤、クールなコスチュームは青系で今後攻めてみよう、そうしよう。


目にハイライトが入る角度で撮れば良かった、と軽い後悔をしましたが、
表情・見せたいポイントが存外うまく収まってくれたので採用。
デューマンスキンの有効活用を考えたときに、水着とは違う主張しすぎないポイントを探しています。
白・灰・黒と三色のスキンを、そのときのコスチュームから覗かせる塩梅によって変更。
ラークの右肩と左足のスキンが、主張しすぎない程度に映えているはず。

綺麗やで、ラークちゃん・・・!

艶やかとは別の部分になりますが、太ももからお尻へ繋がる ふくらみ って・・・いいと思うんだ(真顔


今回の艶ショ



pso20140713_134110_000_R.jpg

ギリギリのラインを保つ太もも、太すぎず細すぎずで私の好み。
艶ぼくろAは口元を大事にするならワンポイントで効果はご覧のとおり。

まことに ハラショー。

明日のアップデートで“ヨシノテフラヘアー”がきますが、それと合わせてもう一度ヨシノテフラで撮るかもしれない。



Read more

果たして


これを「PSO2プレイ日記」のカテゴリに上げるべきか。
そもそも私はPSO2のカテゴリを細分化してないので、どうしようもないね!
ただの思い付きなので、まぁ日記程度でいいんじゃ?スタンスでいきます。

世界には今多くのMMOが存在していますが、大手のMMOを時代の流れとともに乗り換えてきている人は必ずいることでしょう。その時その時に必要経験値というものが存在し、効率という逃れえぬ宿命を背負って日々を遊んできているはず。
私は決して多くはないけれど、ほどほどの数のMMOを遊んできました。
そんな中での必要経験値って“数字だけ”で見たら面白そうと思ったわけです。

全くの無駄な時間だって?人生に無駄な時間なんて一秒たりともありはしないのさ(てきとう


さて、必要経験値だけを 見ても、実際の稼ぎ方は様々です。

次Lvまでの必要経験値が10,000だとして、mob1体倒して100得られるのか、1,000得られるのか。
PSO2にも言えることですが、ソロでフリー探索を回るのか、SHADを回るのかで “効率” は段違いです。
これから書いていくのは実際にプレイしたことがないものを引き合いに出したりしてるので、
時間単位などの細かな説明ができない、ことを留意していただきたい。

まぁ、私の暇つぶしみたいなもんだし(断言

ただ気になったから調べただけだし、ここブログだし(ニッコリ


あら不思議



引き合いに出す必要はない、けれど一応指標にPSO2の必要経験値を、ね?

69 → 70になるのに必要な経験値は 1,759,500(ひゃくななじゅうごまんきゅうせんごひゃく)
1 → 70になるのに必要な経験値は 29,942,500(にせんきゅうひゃくきゅうじゅうよんまんにせんごひゃく)

現在SHの最高効率緊急 「猛る黒曜の暴腕」 を30分回して 400,000 前後といわれてます。
時給にすると 800,000 くらいが妥当なラインかなー。(てきとう
DFさんが6回アークスシップを襲えば、全力回転(本体含む)で30分×6の3時間で 69 → 70到達です(てきとう




まずは 「ラグナロクオンライン」 通称“RO”。
今現在のレベルキャップは165。
で合ってるのかな~とりあえずネットの情報しかないから定かではないけど、
重要なのはすべて正確な数字ではなく、必要経験値だからこの際どうでもいいとして(巴投げ

164 → 165 になるのに必要な経験値は 240,845,294 (いちじゅうひゃくせんm・・・)

大体そのくらい(白目

ちなみに 1 → 150 に必要な経験値は 1,916,349,883
そしてそして 150 → 165 に必要な経験値は 2,675,355,286

途方もなさそう。しかーし、これも情報系サイトを回っただけの情報ですが・・・
時給計算で100M余裕と・・・100M?! 乾いた笑いがおきちゃうぜー。

MMO用語なのか、KやらMやらお前らはイギリスのエージェントか!と思う人もいるでしょうから
k(キロ)は単位で千。つまり1kが1,000。10kが10,000。100kが100,000となるわけです。
M(メガ)は単位で百万。英語のmillion。100Mは1億となるわけです。100,000,000で1億。
桁区切りごとに変わるのでわかりやすいと思います。


脱線しましたが、ROの場合2時間半くらいで164 → 165になる計算なのか。負けた(何に




次が本命です。私が過去にプレイしていた 「ラペルズ」 というマイナーMMO。
まぁとにかくマゾいです。こんなマゾさを私は他に知らない。4年かかってカンストのカの字も見えないくらい。
私が遊んでいた時期のレベルキャップは170。

169 → 170 になるのに必要な経験値は 179,940,803,427
1 → 170 になるのに必要な経験値は 836,687,353,840

桁はミスっていませんよ(震え
このゲームの何が良かったかって、そりゃあソロで延々とフィールド狩りしか経験値を稼ぐ術がなかった、ということ。
現在は大幅にIDが追加されて、私が遊んでいた時期とは雲泥の差でLvが上げやすくなっていますが、
ソロで最高効率を常に目指しているだけで、当時の私は毎日充実していた(気持ち悪い
一日4時間延々フィールドに繰り出してソロ。消耗品を買うために街に戻りすぐに狩場へ。

SAO序盤のキリトのような生活でした(白目
時給は中盤でゲージを100%として4.0%くらい。最終的に0.4%くらいになります。
そもそも人の少ないゲームでしたので、たまのID募集は1時間たっても集まらないで解散なんてザラ。
いい思い出です(懐古


カンスト間近に迫ると1Lv上げるのに数か月は覚悟の上で。




そういえば、一番最初にプレイしたMMOを忘れてました・・・!

その名も「レッドストーン」。通称“赤石”と呼ばれる化け物。

公式サイトで確認したところ、現在の最高Lvは900。(カンストは1000)。
2004年にクローズドが開始されて以来、10年の時を経た今もカンスト者が出ていないなんて。
私はたしか550くらいで挫折しました(血涙

一応出しておきましょう。
999 → 1000 になるのに必要な経験値は 422,413,450
1 → 1000 になるのに必要な経験値は 120,586,487,590

あれ、必要経験値だけで見たらラペルズ圧倒的じゃないかッ




私ってどんだけマゾゲー好きなん…?しかも基本ソロ主体の・・・。

下2つは対人戦(集団戦) が主に毎日or毎週行われていて、それ目的。
しかもレベルで戦力が大きく動くものだからレベリングも必死。
レベルという暴力で殴る集団戦が好きなんでしょうね。単純な腕もありますが!
やってその分のモノが目に見えてリターンしてくるのが好きなのかも。


なんか最後は懐古になっちゃいましたが、案外楽しかったなー。
書いて思ったのはこの経験値、このマゾさを思い出したらPSO2のレベリングなんて(^p^)

やる気、出てきた(ババーン

一応これ以上にマゾいMMOあるのかなーとチラッとしてみたりー。
ではこれにて!

序盤はお手軽感



pso20140711_214626_107_R.jpg

思い立ったときがやり時と自分で言ったのである程度形になるまでをプレイしてきました。
難易度ハードまではファーストの恩恵をあずかり、完全なファーストキャラで遊ぶよりは断然楽に進めます。
ある程度の財力と知識と現在配信中の期間限定クエスト 「静寂に生まれし混沌」 を活用。
フルに経験値ブーストを使い、対抗戦の経験値ブーストも合わせても急速レベリング。

レベルだけ上がっていく状況は好ましくないので、レベルに合わせて装備のほうも最新に上書きしていく。
ユニットもおさがりではあるが、最新のものを揃えておけば、ハードまでは一撃死がないので、
テクニックで使えるレスタのおかげで一度の床舐めもなく、ハード帯は完走できました。


イル系の万能さ



pso20140711_214513_103_R.jpg

テクニックはディスク購入、もしくはファーストで拾ったイル系ディスクを流用して実戦配備。
Fo/Teで突っ走る予定なので、サブテクター、もしくはTe/Foのメインテクターでも扱える闇ツリー。
対雑魚においては手軽な上、高殲滅力を誇る “イル・メギド” が頭ひとつ上をいっています。
ピンポイントでダーカー中型を狙う場合は光の “イル・グランツ” が射線が通る場面で活躍。

ファーストのヒバリで近接クラスをプレイしていると、マルチパーティでは必ずセイメイキカミが頭上を追い抜き、イル・メギドが目標を駆逐していく口惜しさを知っています。しかし、クラスは時の流れで役割が変わるもの。
今、対雑魚なら “イル・メギド” が断然楽。というならジャンジャン使ってください!というのが私の考え。

効率的すぎても面白味がありませんが、早いに越したことはない。
特にVH以降のテクニッククラスは脆弱性が顕著にあらわれるので、だらだら遊んでリスクを増やすより、早い殲滅を心がけるべきなのでしょう。補助に関してはトーシロなのでこれからお勉強になりますが、テクニックは考えていたよりずっと奥が深い、というのがここ数日の所感。

やっぱり他クラスの文句をいうのは、実際に遊んでからにしないとね・・・!

テクニックカスタマイズもボチボチ、高Lvディスクもアドバンスに掘りにいきたいし、
装備は・・・このあとおまけ程度に書くとして、ツリーも複数持ちで考えていきます。

何より、女性キャラを操作してるって・・・いいよね・・・!(原動力
Read more